メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

各地の紅葉

  • 斜面の紅葉鮮やか 八甲田中腹 /青森

     八甲田山系の中腹で紅葉が見ごろを迎えている。標高約1000~1200メートルにある八甲田の湿原「毛無岱(けなしたい)」では、山の斜面がパッチワークのように赤や…

  • 錦のじゅうたん 栗駒山 /秋田

     秋田、岩手、宮城の3県にまたがる栗駒山(1626メートル)が、一年で最もあでやかな季節を迎えた。錦をまとったかのような山肌は日を追うにつれ山頂から山麓(さんろ…

  • 秋色に染まる 大雪山系 /北海道

     大雪山系に秋の紅葉シーズンが到来し、山肌が色とりどりの表情を見せている。ヘリコプターで山々の上空を飛ぶと、眼下には鮮やかな秋色に染まった木々が広がっていた。 …

  • 色づく那須連山 /栃木

     北那須地域の紅葉スポットの那須連山でカエデやドウダンツツジなどが色づき、紅葉が始まった。那須連山の四季を追っている那須町の君島幹夫さん(72)が1日、茶臼岳西…

  • 紅葉

    机上の錦 京都・瑠璃光院

     京都・八瀬の瑠璃光院(京都市左京区)で、浄土に見立てた「瑠璃の庭」の紅葉が見ごろを迎えている。庭のコケの上に散るモミジのコントラストが鮮やか。数寄屋造りの書院…

  • イチョウ

    真っ黄だな 愛知・祖父江

     日本有数のギンナンの産地として知られる愛知県稲沢市祖父江町で、イチョウの葉が色づき始めた。今年は猛暑や台風の影響で、収穫前のギンナンが落下したり、一部落葉した…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです