メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

家族2016

  • 介護のとき/取材後記 担当記者が振り返る

     困惑、あきらめ、新たな発見そして希望−−。連載「家族 介護のとき」(5月11日〜毎日新聞くらしナビ面)では、親や配偶者を介護する人たちの日常を描いてきました。…

  • 介護のとき/3 人の輪に支えられてこそ

     背中にも額にも、じっとり脂汗がにじんできた。とにかく重い。居間で尻餅をつき、起き上がれなくなった夫。帯を体に巻いて引っ張ってみたが、起こせない。 「お父さん、…

  • 注目集める介護ロボット 先端技術を活用

     要介護者が増え続ける中、日本が得意なITを、介護に活用する動きが出ている。 厚生労働省によると高齢化の進展で、介護サービスの利用者は2012年度の452万人が…

  • 介護のとき/2 ネット通じ、いつでも見守り

     「お前は何もしてくれない」。電話の向こうの母はぐちっぽく繰り返す。何が不満なのだろう。聞きだそうとすると怒り出す。なだめつつ、なんとも切ない気持ちになる。 長…

  • 介護のとき/1 15年 戸惑い転じ慈しみに

     高齢化が進み介護が大きな社会問題になってきた。家族介護が始まると生活は一変し、大切な人との絆が揺らぐ時すらある。人の輪やITによる支援システムが築かれつつある…

  • 孤をいきる 反響特集 近いからこそ傷つく存在

     高齢者を中心に1人暮らしが増え、暮らしぶりも多様化する中で、家族がどう変わりつつあるのかを見つめる連載「家族2016 孤をいきる」(1月1〜8日、全6回)に読…

  • 孤をいきる/取材後記 担当記者が振り返る

     変わりゆく現代の家族のあり方を描こうと、毎日新聞くらしナビ面で1日から6回にわたって連載「家族2016 孤をいきる」を掲載し、併せて毎日新聞ニュースサイトにも…

  • 「ソロ活」達人の朝井麻由美さんに聞く

     「ボッチ」(ひとりぼっち)や仲間はずれなど、マイナスイメージがつきがちだった1人での行動に、前向きなイメージを与える「ソロ活」(ソロでの活動)が広がっています…

  • 高齢者の依頼に奔走 生活支援のNPO

     NPO法人「いきいきつながる会」(本部・大阪市)は、1人暮らしの高齢者らの身元保証に加え、生活支援を行っている。「公序良俗に反しないものは、基本的に対象です」…

  • シェアハウスを研究する久保田准教授に聞く

     時間や空間、安心感など、家族としか共有(シェア)できないと思っていたものを、他人と共有する動きが広がりつつあります。国内外のシェアハウスを研究している社会学者…

  • 「墓友」それぞれの事情 初対面でも連帯感

     「ひとり」で生きる女性の老後を応援するNPO法人「SSS(スリーエス)ネットワーク」(松原惇子代表)が昨年12月、東京都内の斎場で会員同士が交流する忘年会を開…

  • 「ロボットは家族を、血縁を超えていく」

     ◇「マツコロイド」開発、石黒浩教授インタビュー タレントのマツコ・デラックスさんにそっくりのアンドロイド(人間型ロボット)「マツコロイド」を開発し、人と対話す…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース 一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

  2. 「サムハラ神社」神職が祈とう中にわいせつ行為の疑い 大阪府警が逮捕

  3. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  4. 大阪は新たに273人感染、300人下回るのは3週間ぶり 新型コロナ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです