メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

素顔のリオ・五輪の足音を聞いて

  • 未来への光、平等に

     リオデジャネイロ市南東部。グアナバラ湾に突き出した小さな半島にある観光名所が「ポンジアスーカル」だ。その形状から「砂糖パン」を名の由来に持つ奇岩(標高396メ…

  • /5止 生活照らす優しい光

     リオデジャネイロ市南東部。グアナバラ湾に突き出した小さな半島にある観光名所が「ポンジアスーカル」だ。その形状から「砂糖パン」を名の由来に持つ奇岩(標高396メ…

  • /4 子どもに運動の場を

     リオデジャネイロ市北部のマドゥレイラ公園。巨大な五輪マークの記念碑が設置された園内は多くの家族連れでにぎわう。大会期間中はパブリックビューイング会場の一つとな…

  • /3 バス網整備、急ピッチ

     上空からは掘り起こされた土が「茶色い大河」のように見える。交通渋滞に悩まされてきたリオデジャネイロ市が五輪を前に整備を進めるバス高速輸送システム(BRT)の専…

  • /2 華麗に情熱的に舞う

     昨年12月のある週末。リオデジャネイロ市の空の玄関口、ガレオン国際空港近くの古びたホールには、深夜になり、仕事や家事を終えた住民が集まってきた。2月に迫る南半…

  • /1 畳に子供たちの「輪」

     リオデジャネイロ市西部のジャカレパグア地区。大学構内に設けた柔道場で子供たちが鍛錬を積んでいた。壁にはポルトガル語で五輪を意味する「オリンピコ」の文字も見える…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 大阪府で新たに41人感染確認 1日あたり最多 死者4人に 新型コロナ

  3. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染 

  4. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです