メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桂春団治さん死去

  • 落語 上方に四天王の功績あり

     一時は滅んだとまで言われた上方落語を現在の隆盛に導いた「上方落語四天王」のうち、最後まで現役で高座に上がり、後進を見守ってきた三代目桂春団治さんが先月9日、8…

    (2016年2月2日 16:41)

  • 弟子が語る故人の美学

     一時は滅んだとまで言われた上方落語を現在の隆盛に導いた「上方落語四天王」のうち、最後まで現役で高座に上がり、後進を見守ってきた三代目桂春団治さんが1月9日、8…

    (2016年02月01日 21:10)

  • お別れの会

  • 桂春団治さん
    お別れの会にファンら集う 天満天神繁昌亭

     上方落語四天王の最後の一人で、今月9日に85歳で亡くなった三代目桂春団治さんのお別れの会が26日午前、大阪市北区の天満天神繁昌亭で行われた。春団治さんの出囃子…

    (2016年01月26日 11:22)

  • 9日死去、85歳

  • 訃報
    桂春団治さん85歳=落語家

     ◇上方落語復興 最後の四天王 戦後、滅亡寸前と言われた上方落語界の復興に尽くした四天王の最後の一人で、厳しいまでに磨き上げた芸風で知られる桂春団治(かつら・は…

    (2016年01月14日 02:30)

  • お別れの会 桂春団治さん=26日、大阪・天満天神繁昌亭

     桂春団治さんのお別れの会=落語家・9日死去=26日午前8時半、大阪市北区天神橋2の1の34の天満天神繁昌亭。実行委員長は上方落語協会長の桂文枝さん。喪主は妻成…

    (2016年1月14日 20:20)

  • 「最後まで美学を通した」…弟子ら悼む

     上方落語界の重鎮で四天王の最後の一人、三代目桂春団治さんが9日に85歳で亡くなったことが報じられた14日、後進や親交のあった評論家から悼む声が相次いだ。お別れ…

    (2016年01月14日 12:18)

  • 三代目はどんな人?

  • 演芸よろず根多帳
    追悼・桂春団治 渋い重低音、細部まで磨き抜かれた高座

     心不全で9日死去した“三代目”桂春団治=写真。華やかでどこかもの悲しい「野崎」の出囃子(ばやし)に乗って舞台に現れると、マクラもふらず「相も変わりませずバカバ…

    (2016年01月18日 15:13)

  • 「間」絶妙 芸に色気

     ◇厳選ネタ練り上げ 「寄席でやらせてもらえるのは本当にありがたい」「漫才や色物の間に出てしゃべるのが好きでんねん」−−。上方落語の神髄を求めて、ひたすら“しゃ…

    (2016年01月14日 02:31)

  • エンタメノート
    上方の美学、体現した三代目〜桂春団治さんをしのぶ

     「三代目!」 上方では桂春団治さんを、尊敬を込めてこう呼ぶ。ちなみに「六代目!」は、笑福亭仁鶴さんや鶴光さん、鶴瓶さんの師匠、笑福亭松鶴(しょかく)さんのこと…

    (2016年01月14日 02:32)

  • 米朝さんの通夜に出席

    一門の近況

  • 桂小春団治さん 落語で悲しみ乗り越えて 米で9.11遺族に公演

     字幕付きの落語を世界各国で演じている落語家の桂小春団治さん(57)が、米同時多発テロ犠牲者の遺族を招いた落語会を来年2月、米ニューヨークで開催する。世界を回る…

    (2015年12月19日 16:53)

  • 新世紀落語の会
    新作落語で勝負 小春団治ら開催

     桂小春団治=写真=らが全て新作落語で勝負する「新世紀落語の会」が2月3日、東京・内幸町ホールで開かれる。1999年に大阪で始まり、東京公演も7回目。今月9日に…

    (2016年01月18日 15:13)

  • エンタメノート
    桂花団治 東京初のトリ、襲名公演で勝負 鶴瓶も後押し

     上方落語の中堅実力派、桂蝶六改め三代目桂花団治さん(52)が8月2日午後6時、東京での襲名披露公演を東京都千代田区の国立演芸場で開く。花団治さんにとって、東…

    (2015年07月30日 17:51)

  • エンタメノート
    桂春蝶、特攻をテーマにした創作落語を口演 父の死が影響

     落語家の桂春蝶さん(40)が「明日ある君へ〜知覧特攻物語」という落語を手がけている。鹿児島県南九州市にある知覧特攻平和会館を訪れ、この創作落語を思いついたとい…

    (2015年06月02日 09:30)

  • 関連ニュース

  • 弟子が語る故人の美学 インタビュー詳報

     一時は滅んだとまで言われた上方落語を現在の隆盛に導いた「上方落語四天王」のうち、最後まで現役で高座に上がり、後進を見守ってきた三代目桂春団治さんが1月9日、8…

    (2016年02月01日 21:20)

  • 美しい高座、心に ファンら別れ

     上方落語四天王の最後の一人で、今月9日に85歳で亡くなった三代目桂春団治さんのお別れの会が26日午前、大阪市北区の天満天神繁昌亭で行われた。春団治さんの出囃子…

    (2016年01月26日 16:22)

  • 「上方落語界 第2章、我々が」 春団治さんしのび文枝さんら /大阪

     ◇お別れの会 26日、繁昌亭 上方落語四天王の最後の一人、桂春団治さんが85歳で亡くなったことを受け、上方落語協会の桂文枝会長が15日、大阪市内で記者会見し、…

    (2016年01月16日 12:31)

  • 「名跡光栄」 福団治さんら精進誓う

     上方落語四天王の最後の一人で、9日に亡くなった三代目桂春団治さんの弟子や所属事務所の松竹芸能が14日夜、大阪市内で記者会見を開いた。筆頭弟子の桂福団治さんは「…

    (2016年1月15日 17:56)

  • 「最後まで美学通した」 悼む声

     上方落語界の重鎮で四天王の最後の一人、三代目桂春団治さんが9日に85歳で亡くなったことが報じられた14日、後進や親交のあった評論家から悼む声が相次いだ。お別れ…

    (2016年01月14日 16:47)

  • 高座姿の美学貫く 悼む弟子ら

     上方落語界の重鎮で四天王の最後の一人、三代目桂春団治さんが9日に85歳で亡くなったことが報じられた14日、後進や親交のあった評論家から悼む声が相次いだ。お別れ…

    (2016年01月14日 15:22)

  • 「間」絶妙、芸に色気 厳選ネタ練り上げ

     「寄席でやらせてもらえるのは本当にありがたい」「漫才や色物の間に出てしゃべるのが好きでんねん」−−。上方落語の神髄を求めて、ひたすら“しゃべくり”に磨きをかけ…

    (2016年01月14日 11:58)

  • 訃報
    桂春団治さん 85歳=落語家

     ◇上方落語復興、最後の四天王 戦後、滅亡寸前と言われた上方落語界の復興に尽くした四天王の最後の一人で、厳しいまでに磨き上げた芸風で知られる桂春団治(かつら・は…

    (2016年01月14日 11:57)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不法残留 容疑でベトナム人4人逮捕 伊香保の旅館 /群馬
  2. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か
  3. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川
  4. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  5. 東洋の魔女に「吉報」届かず 東京五輪・パラ チケット抽選結果発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです