メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桂春団治さん死去

  • 落語

    上方に四天王の功績あり

     一時は滅んだとまで言われた上方落語を現在の隆盛に導いた「上方落語四天王」のうち、最後まで現役で高座に上がり、後進を見守ってきた三代目桂春団治さんが先月9日、8…

  • 弟子が語る故人の美学

     一時は滅んだとまで言われた上方落語を現在の隆盛に導いた「上方落語四天王」のうち、最後まで現役で高座に上がり、後進を見守ってきた三代目桂春団治さんが1月9日、8…

  • お別れの会

  • 9日死去、85歳

  • 訃報

    桂春団治さん85歳=落語家

     ◇上方落語復興 最後の四天王 戦後、滅亡寸前と言われた上方落語界の復興に尽くした四天王の最後の一人で、厳しいまでに磨き上げた芸風で知られる桂春団治(かつら・は…

  • 「最後まで美学を通した」…弟子ら悼む

     上方落語界の重鎮で四天王の最後の一人、三代目桂春団治さんが9日に85歳で亡くなったことが報じられた14日、後進や親交のあった評論家から悼む声が相次いだ。お別れ…

  • 三代目はどんな人?

  • 「間」絶妙 芸に色気

     ◇厳選ネタ練り上げ 「寄席でやらせてもらえるのは本当にありがたい」「漫才や色物の間に出てしゃべるのが好きでんねん」−−。上方落語の神髄を求めて、ひたすら“しゃ…

  • 米朝さんの通夜に出席

    一門の近況

  • 新世紀落語の会

    新作落語で勝負 小春団治ら開催

     桂小春団治=写真=らが全て新作落語で勝負する「新世紀落語の会」が2月3日、東京・内幸町ホールで開かれる。1999年に大阪で始まり、東京公演も7回目。今月9日に…

  • 関連ニュース

  • 弟子が語る故人の美学 インタビュー詳報

     一時は滅んだとまで言われた上方落語を現在の隆盛に導いた「上方落語四天王」のうち、最後まで現役で高座に上がり、後進を見守ってきた三代目桂春団治さんが1月9日、8…

  • 美しい高座、心に ファンら別れ

     上方落語四天王の最後の一人で、今月9日に85歳で亡くなった三代目桂春団治さんのお別れの会が26日午前、大阪市北区の天満天神繁昌亭で行われた。春団治さんの出囃子…

  • 「名跡光栄」 福団治さんら精進誓う

     上方落語四天王の最後の一人で、9日に亡くなった三代目桂春団治さんの弟子や所属事務所の松竹芸能が14日夜、大阪市内で記者会見を開いた。筆頭弟子の桂福団治さんは「…

  • 「最後まで美学通した」 悼む声

     上方落語界の重鎮で四天王の最後の一人、三代目桂春団治さんが9日に85歳で亡くなったことが報じられた14日、後進や親交のあった評論家から悼む声が相次いだ。お別れ…

  • 高座姿の美学貫く 悼む弟子ら

     上方落語界の重鎮で四天王の最後の一人、三代目桂春団治さんが9日に85歳で亡くなったことが報じられた14日、後進や親交のあった評論家から悼む声が相次いだ。お別れ…

  • 「間」絶妙、芸に色気 厳選ネタ練り上げ

     「寄席でやらせてもらえるのは本当にありがたい」「漫才や色物の間に出てしゃべるのが好きでんねん」−−。上方落語の神髄を求めて、ひたすら“しゃべくり”に磨きをかけ…

  • 訃報

    桂春団治さん 85歳=落語家

     ◇上方落語復興、最後の四天王 戦後、滅亡寸前と言われた上方落語界の復興に尽くした四天王の最後の一人で、厳しいまでに磨き上げた芸風で知られる桂春団治(かつら・は…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  2. 「お母さん、大丈夫?」呼び掛けに返事なく 次女、階下の100歳救えず 福島・いわき

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです