メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書と生きる

  • 作品に風格と気品を 平林光華さん /愛媛

     ◇平林光華さん(57)=今治市 昨年の毎日書道展では漢字1類で佳作賞に。「いいお手本を選んでいただき、頑張ろうという気持ちで仕上げました」という。 小学生の6…

  • 空間に生かす静と動 近藤窓風さん /愛媛

     ◇近藤窓風さん(66)=今治市 昨年の毎日書道展では漢字1類で秀作賞に。「お手本をしっかりと見て、勢いよく書けたらいいと思いますが、会心の作品はまだ書けたこと…

  • 表情のある作品めざす 福本温子さん /愛媛

     ◇福本温子さん(31)=四国中央市 毎日書道展では2017年に佳作賞を受賞。県立高校の教諭として忙しい毎日を送るが、就寝前など合間を見つけて腕を磨く。「書道人…

  • 手本に近づき入賞目指す 高瀬紅舟さん /愛媛

     ◇高瀬紅舟さん(67)=西条市 筆を持ち書くことが好き。「無になれ、静となり、苦にならない」。昨年毎日書道展の佳作賞(漢字1類)に初入賞した。週2日は、1日最…

  • 書くことで無心になる 田坂春月さん /愛媛

     ◇田坂春月さん(76)=西条市 「書いていると無心になれ、忙しさやいろいろなことを忘れられる」。今年の第70回毎日書道展で佳作賞(漢字1類)を受賞した。 「年…

  • 強さと愛らしさ心がけて 谷川美仙さん /愛媛

     ◇谷川美仙さん(50)=松山市 今年の毎日書道展では前衛書で佳作賞を受賞した。作品作りで心がけるのは「強さと愛らしさ」を表現すること。「自分にとって書道はなく…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 下関署の女性巡査が福岡の風俗店でバイト 減給処分受け依願退職

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです