メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうぶつ

ペットと人間の「より良い関係」を掘り下げます。

  • シニア犬の寝たきり予防策

     <くらしナビ・ライフスタイル> 獣医療や飼育環境の向上によるペットの高齢化が進んでいる。大型犬では6歳以上がシニア・高齢とされるが、ペットフード協会(東京都千…

  • オトナの人気、ハシビロコウ

     <くらしナビ・ライフスタイル> 眼光鋭く「動かない鳥」として知られるハシビロコウ(ペリカン目)が注目されている。世界の動物園で飼育されている40~50羽のうち…

  • 猫の乳がん 毎月しこり確認

     <くらしナビ・ライフスタイル> 猫の乳がん予防を促す初の「キャットリボン運動」が9月から始まった。人間の乳がん啓発月間(10月)のうち、22日を「キャットリボ…

  • 「映える」熱帯魚 癒やされて

     観賞魚や水草などを飼育・栽培する「アクアリウム」。水槽を悠々と泳ぐ魚の姿は涼やかで、穏やかな気持ちにさせてくれる。大がかりな設備がなくても手軽に楽しめると聞き…

  • 自宅で愛犬さっぱり、清潔に

     高温多湿の夏は、人間と同じように犬も皮膚病にかかりやすい。定期的なシャンプーは予防に有効だが、間違ったやり方では愛犬にストレスを与えてしまう。自宅でシャンプー…

  • 落ちたヒナを拾わないで

     シジュウカラやツバメ、ヒヨドリなどのヒナが巣立ちの季節を迎えている。中には地上に落ちてしまうものもいる。公益財団法人「日本野鳥の会」(東京都品川区)は「手を出…

  • 殖えすぎて飼育崩壊、泥沼化

     ペットの犬や猫が繁殖し過ぎて世話ができなくなる「多頭飼育崩壊」--。その対応に自治体が苦慮している。持病の悪化や家族の認知症発症などをきっかけに状況が悪化し、…

  • 予防医療で長寿に備え

     栄養状態や飼育環境の改善で、ペットの寿命が延びている。高齢になったペットの健康を保つため、健康診断などで日ごろから状態を把握し、病気を予防する「予防医療」が広…

  • イノシシ出没、危険性を知る

     十二支の亥(い)に当てはめられ、古くから人間との関わりが深いイノシシ。近年は、野生の個体が人間の生活圏に出没しては農業被害や交通事故などを引き起こし、“害獣”…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  2. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  3. 日大ラグビー部、無期限活動停止 部員が大麻所持容疑で逮捕

  4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  5. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです