メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高田守先生の生き物語り

【生活のチカラはこちら】

人間も含めた生き物の行動は、どのように進化したのでしょうか。「そうだったの!?」と驚くような話から、「知らなければ良かった」と感じるような話までとにかく「おもしろい」の一言。さあ、生き物の世界をのぞくガイド付きツアーの始まりです。

  • (番外編)昆虫に学ぶ? 生産性の高い社会

     我々はみな会社や学校などの組織に所属し、その中でそれぞれの仕事をこなしながら生活している。では、誰がどの仕事をすれば、組織全体としての生産性を最も高められるだ…

  • ひとのふり見て

     旅先など不慣れな土地で食事をする時、無数にある料理店の中から、あなたはどんな方法で店を選ぶだろうか? おそらく無意識のうちに、客が全然入っていない店を避けたり…

  • (番外編)死体に似てない!? 死んだふり

     近年、クマが人里に出没し、騒ぎになることが少なくない。もし自分が遭遇したらどうしたらいいだろうか。「死んだふりで助かる」という説を聞いたことがある人は多いだろ…

  • 最高寿命は延びていない

     超高齢社会という言葉が使われるようになって久しい。日本人の平均寿命は、男性も女性も戦後ほぼ右肩上がりに延び続けている。生活水準の向上や医学の進歩によって、一昔…

  • (番外編)完璧すぎる時間感覚

     新年を迎え、いかがお過ごしだろうか? 現代に生きる我々は、毎年決まった時期にお正月やお盆などの行事をこなしながら生活している。決まった日に、特定の行動をするた…

  • (番外編)「恒温動物と変温動物」のウソ

     冬の初めは、まだ体が寒さに慣れていないため、実際の気温以上に寒く感じることがある。あまりの寒さに身震いし、ガタガタと歯の根が合わなくなったことはないだろうか。…

  • 進化し続けないと絶滅!?

     英国の児童小説「鏡の国のアリス」に登場するキャラクター「赤の女王」のセリフに、こんな一節がある。「その場にとどまるためには、全力で走り続けなければならない」。…

  • (番外編)人類は「生きた化石」になれる!

     恐竜をはじめとする古生物のファンにとって、数億年前の地層から見つかる化石とほとんど同じ姿のまま現代を生きる生物への憧れは、格別なものがある。「生きた化石」と呼…

  • 胎児のためにできること

     多くの母親は、赤ちゃんがまだおなかの中にいる時から、音楽を聴かせたり本を読み聞かせたりする。赤ちゃんの脳や体の発達にいい影響をもたらすと期待するためだ。ただ、…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 奈良・興福寺 ドイツ出身の僧侶が難行「竪義」合格 口頭試問の解答は全て漢文

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです