メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本因坊400年への道

  • 囲碁 文裕7冠と「アルファ碁」=金沢盛栄

     今年も残すところ約1カ月。主要棋戦は、ほぼ終了した。囲碁界にとって、どんな1年だったのだろうか。昨年は人工知能(AI)「アルファ碁」の登場と本因坊文裕(もんゆ…

  • 囲碁 市販ソフトがプロレベルに=金沢盛栄

     本因坊文裕(もんゆう)(28)=井山裕太九段=が再度の7冠同時制覇を成し遂げたのは10月17日のこと。その模様は各紙で詳報されたが、初めて7冠を達成した時(2…

  • 囲碁 文裕を見守る両親の愛=金沢盛栄

     本因坊文裕(もんゆう)(28)=井山裕太6冠=と高尾紳路名人の名人戦七番勝負が大詰めを迎えつつある。現在、第4局まで終えて、挑戦者文裕の3勝1敗。再度の7冠同…

  • 囲碁 90歳代「神様」夫妻=金沢盛栄

     “将棋界のレジェンド”として知られる加藤一二三九段(77)が引退したのは6月中旬のこと。棋士生活は60年以上に及んだ。 囲碁界に目を向けると、そのレジェンドを…

  • 囲碁 女流・藤沢が絶好調=金沢盛栄

     本因坊文裕(もんゆう)(28)=井山裕太九段=による、再度の7冠同時制覇が現実味を帯びてきた。文裕は7月28日に打たれた名人戦リーグの対局に勝ち、最終戦を前に…

  • 囲碁 藤井フィーバーに思う=金沢盛栄

     お隣の将棋界が大騒ぎである。中学生棋士、藤井聡太四段が前人未到の29連勝を達成。連日のフィーバーで、29連勝をした翌日(6月27日)の一般紙、スポーツ紙のほと…

  • 囲碁 アルファ碁は神ではない=金沢盛栄

     世界ナンバーワン、中国の柯潔(かけつ)九段と人工知能(AI)囲碁ソフト「アルファ碁」の三番勝負は大方の予想通り、アルファ碁の3連勝で幕を閉じた。 中国・烏鎮で…

  • 囲碁 AI、トップ棋士の実力=金沢盛栄

     「全力は尽くしましたが、AI(人工知能)の強さと世界との差を実感しました」 大阪市内で3月21~23日に開催された国際戦「ワールド碁チャンピオンシップ」。日中…

  • 囲碁 半分が陥落、死のリーグ=金沢盛栄

     本因坊文裕(もんゆう)(井山裕太九段)への挑戦を目指す第72期本因坊戦リーグは第5ラウンドを終え、大詰めを迎えつつある。 表をご覧になれば分かるように、本木克…

  • 囲碁 秀哉の墓前に手を合わせ=金沢盛栄

     今も碁聖とあがめられる四世道策(1645~1702年)以降の歴代世襲制本因坊が眠る法華宗の本妙寺(東京都豊島区)。寒さが少し緩んだ先月18日、二十一世秀哉(し…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「この世界の片隅に」新作 すずとリンの会話が表す「家制度」「貧困」

  2. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

  3. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  4. 「ホテル」「など」連発 首相は開き直った 「ご飯論法」上西教授と聞いた代表質問

  5. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです