メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

やまと・民俗への招待

  • 参詣導く「傘型建造物」 /奈良

     真柱一本で屋根を支える傘堂のような建物を「傘型建造物」と私は呼んでいる。当麻の傘堂と同じ構造ではないが、天理市柳本町に長岳寺五智堂(重要文化財)がある。奈良か…

  • 人々の思い伝える傘堂 /奈良

     二上山の東麓(ろく)、雌岳南側の岩屋峠を越えて大阪に通じる岩屋道沿いに、柱一本で建つ傘型の建造物がある。 屋根は宝形造り本瓦葺(ぶ)き、小規模ながらも重厚さと…

  • 大和は「風呂の王国」 /奈良

     法華寺、法隆寺、奈良市押上町と蒸し風呂の事例を紹介してきた。 入浴方法には古来、蒸気浴と温湯浴があり、前者が「風呂」、後者は「湯屋」と呼ばれてきた。今日のよう…

  • 大仏殿模した「からふろ」 /奈良

     奈良県庁前東交差点から北へ「奈良阪越京街道」を歩くと、すぐ右手に東大寺西大門跡の石碑が見える。石碑の奥には木造3階建ての立派な建物があった。屋根瓦には「からふ…

  • 室町期から庶民のフロ /奈良

     法隆寺のカラブロには、「峯薬師御夢想湯」の看板と光明皇后の慈悲により難病者を救うために設けた御夢想蒸風呂であるとの手書きの説明板も掲げられていた。西円堂の薬師…

  • 湯気まわす「音頭取り」 /奈良

     法隆寺のカラブロは、蒸気が床下からではなく、浴室上部の壁穴から直接吹き出す仕組みだった。焚(た)かなくなってまだ1年ほどだったので、関係者の志村哲夫さん(当時…

  • 法隆寺にもカラブロ /奈良

     法華寺のカラブロの前に、法隆寺のカラブロを調べたことがある。1991(平成3)年10月のことだったが、前年の11月ごろまで実際に焚(た)かれていたという。場所…

  • 有名な「千人施浴伝説」 /奈良

     法華寺のカラブロがどのように営まれていたのかを調べるために寺の文書を調べたことがある。先代の久我高照門跡も加わり、机を並べて数人で寺の日記などを繰りながら「風…

  • 蒸気を充満 風呂の起源 /奈良

     和辻哲郎が、奈良阪で車夫から初めて聞いた「カラ風呂」は、「大仏殿が大きく見えてゐる坂の中腹に歩廊のやうな細長い建物」と『古寺巡礼』(初版)にあるから、忍性がハ…

  • 追憶の内風呂談議 /奈良

     風呂敷は紙や布の手提げ袋に代わったが、名前の起こりとなった風呂は、ますます暮らしに浸透している。人毎(ごと)にいろいろな風呂の思い出があるだろう。子供の頃、桧…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです