メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美・BEAUTY

それぞれの季節に合ったおすすめの美容情報を専門家が説明します。

  • シニア女性の意識 「若さ」から「品良く」へ

     <くらしナビ ライフスタイル> シニア女性の美容意識が変化している。「若さ」や「年齢」にとらわれないメークや髪形を支持する人が増加。美容や健康への取り組みに積…

  • 夏の肌ケア こまめに汗ふき、保湿忘れず

     蒸し暑い梅雨から夏にかけては、汗をかきやすい季節。外出先では臭いや化粧崩れが気になり、皮膚トラブルも心配だ。予防や対処方法について、それぞれ専門家に聞いた。 …

  • オイルでお手入れ 乾燥、冷えに美容効果も

     太る、ニキビの元になるといった悪い印象を持たれがちな油分。しかし良質な油を適量摂取すれば美容効果も期待できるという。乾燥や冷えが気になる季節、オイルマッサージ…

  • フットケア 夏に向けて美しい足を

     夏本番に向け、素足を見せる機会が増えてくる。健康的で美しい足を保つにはどうしたらいいのか。足の健康を維持するための運動や、自宅で簡単にできるケアの方法を紹介す…

  • ヘッドマッサージ ツボ刺激、夏の疲労を回復

     夏も終盤。体には蒸し暑さや冷たい食べ物で、知らず知らずのうちに疲れがたまっている。自分で手軽にできる頭のマッサージで、身も心もすっきりしたい。 「夏の終わりは…

  • 梅雨のヘアケア 根元からしっかり乾燥

     梅雨の季節に、きちんとセットしたはずの髪の毛が広がったりうねったりして悩んだ経験はないだろうか。湿度が高くてもきれいにまとまるヘアケア方法を、花王「ヘアケア研…

  • 手荒れケアのコツ 洗うたびクリームたっぷり

     肌の乾燥が気になってくる季節。特に手は人に見られることが多いので、ケアを怠らないようにしたい。水仕事や大掃除などで荒れやすくなるシーズンを前に、お手入れのコツ…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 池江選手「生きていることが奇跡」 白血病公表後初のメディア 報ステ出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです