メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済部ノート

  • 伝燈

     「今年の漢字は『伝燈(とう)』といたしました」。JR九州の青柳俊彦社長は6日の仕事始め式で「伝統」の由来とも言われる言葉を披露した。そして「火を消すことなく伝…

  • 元日営業

     独身だった30代前半まで、年末年始の勤務を買って出ていた。地方支局にいた時は大みそかに宿直に入り、上司と鍋をつついたものだ。1月中旬に代休を取得し、帰省ラッシ…

  • 発電の代償

     石炭火力発電が国際的な逆風にさらされている。地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)の排出量が多いことが理由だが、スペインで開催のCOP25で新たな規制を打…

  • ブリージャー

     JR九州傘下のJR九州ホテルズ(福岡市)が運営する最上級ホテル「ザ・ブラッサム」。東京に続き、9月に福岡市博多区にも開業した。想定する宿泊客を聞くと、松本淳也…

  • 九州の袋麺

     「実は私もファンでして」。東京のメーカー広報課長から久々にメールが届いた。発売40周年となったハウス食品の豚骨味袋麺「うまかっちゃん」についてだ。ハウスのブラ…

  • 出力制御の評価

     電力の需給バランスが崩れた際に起きる大規模停電を避けるため、九州電力が太陽光など再生可能エネルギー業者に一時的に発電停止を求める「出力制御」が実施されるように…

  • 個人商店どこへ

     消費税が8%から10%に上がった1日前後、小売りの現場を取材した。「個人経営の店主に軽減税率への対応を聞いてほしい」。上司の追加指示で、どこに取材しようか考え…

  • 日産からの質問

     「今の日産自動車についてどう思われていますか?」 7月のある日、携帯電話が鳴った。昨年、前会長のカルロス・ゴーン被告が逮捕された日産の関係者からだった。逮捕の…

  • 妻の「被災」

     台風15号による大規模停電が起きた千葉県。共働きで別居する妻も「被災」した。自宅が停電に見舞われたわけではない。勤務先が停電し、自宅待機を余儀なくされた。同僚…

  • 広報の役割

     日韓関係が悪化し、韓国からの訪日客が激減した8月、福岡市内は人気の飲食店の行列が消え、観光スポットも閑散としている。影響を取材しようと企業の広報担当者に問い合…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

  3. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  4. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  5. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです