メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」上方芸能

  • 元祖専業落語作家・小佐田定雄さんとのトーク拡大版

     桂南光さんと落語作家の小佐田定雄さんとは、小佐田さんが南光さんの師匠・桂枝雀さんの専属落語作家としてデビューして以来の長い付き合い。しかし、意外にも2人きりで…

    (2018年03月23日 19:57)

  • 元祖専業落語作家・小佐田定雄さんの巻

     預かった手紙を届ける途中、峠で道に迷った男。茶屋のお婆(ば)んに尋ねると、行く手にはいくつも不気味な場所が--。不安におびえパニックになる男の様子が滑稽(こっ…

    (2018年03月23日 19:47)

  • 井上章一・国際日本文化研究センター教授とのトーク拡大版

     自称・男女問題研究家の桂南光さんと、「美人論」などの著書がある井上章一・国際日本文化研究センター教授が、古典落語「三枚起請(ぎしょう)」をテーマに語り合います…

    (2018年02月23日 20:30)

  • 落語「三枚起請」は色恋の真実!? の巻

     「年季が明けたら、あなたと一緒になります」と神仏に誓った遊女の起請文(きしょうもん)を、複数の客がもらっていたら--。落語「三枚起請」(注)は1人の女性をめぐ…

    (2018年02月23日 20:30)

  • 「いずみホール」スタッフの森岡めぐみさんとのトーク拡大版

     数ある大阪の音楽ホールの中で、「いずみホール」(大阪市中央区)が特にお気に入りだという桂南光さん。1990年の開館時からのスタッフで、ホールを知り尽くす森岡め…

    (2018年01月26日 20:16)

  • 本場の輝き! いずみホールの巻

     大阪城近くにある「いずみホール」(注)は、本場ウィーンを代表するホールをイメージして造られた、クラシック専用のコンサートホール。席数821と中規模の民間ホール…

    (2018年01月26日 20:10)

  • 大鼓奏者の山本哲也さんとのトーク拡大版

     関西を代表する能楽の大鼓奏者、山本哲也さんに、以前からゆっくり話を聴いてみたいと思っていた桂南光さん。長い歴史を持つ楽器の魅力から、山本さんの少し「回り道」し…

    (2017年11月24日 21:07)

  • 激しすぎる楽器!? 大鼓の巻

     笛、小鼓、大鼓(注1)、太鼓で構成される能のお囃子(はやし)。中でも「鼓」に興味があるという桂南光さんは昨年、この連載で小鼓の魅力を深掘りしました。今回、もう…

    (2017年11月24日 20:57)

  • キダ・タローさんとのトーク拡大版

     関西人ならつい口ずさんでしまうメロディーの数々を生み出してきたキダ・タローさんは、86歳の今も作曲活動を行い、ロケ番組にも出演するなどバリバリの現役。長い付き…

    (2017年10月28日 06:00)

  • キダ先生はモーツァルトがお嫌い!?の巻

     「とれとれ ぴちぴち かに料理」。この文字列、関西人なら節を付けずに読む方が難しいのでは? 「浪花のモーツァルト」ことキダ・タローさんの作品は、CM曲から番組…

    (2017年10月28日 05:55)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです