メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

晴レルデ

  • おもい-つくる/13 丁々発止の墨絵問答

     作務衣(さむえ)姿の東學さん(55)が、舞台いっぱいの大きな紙に向かって、墨をたっぷり付けた筆を走らせる。交代してもう1人の絵師が描いている間、學さんは紙に背…

    (2019年04月15日 12:54)

  • おもい-つくる/12 金糸に透かしの超豪華本

     絵師、東學さん(55)の墨画集「天妖」の制作は、まだまだ越えなければならない峠があった。 表紙は布張りで、學さんが描いた羽根の絵を図案化して金糸で刺しゅうした…

    (2019年04月01日 10:43)

  • おもい-つくる/11 ピンチに「拾う紙」あり

     写真集「漕(こぎ)」を手掛けることになった2カ月後、旧知の絵師、東學さん(55)からマリさん(築山万里子さん)に「こんな仕事あんねんけど、やりたい?」と誘いが…

    (2019年03月18日 11:46)

  • おもい-つくる/10 「物語」をつかむ旅路へ

     アサヒ精版印刷ならではの仕事の一つに、作品集がある。この連載の最初で紹介したピンホールカメラの写真集のようなクオリティーの高さ、細部まで神経が行き届いた凝った…

    (2019年03月04日 10:54)

  • おもい-つくる/9 でかい仕事にくらいつく

     それは東京の老舗ホテルの仕事だった。2003年、外資が入って全面リニューアルすることになり、それをマリさん(築山万里子さん)と美香さん(村上美香さん)、30代…

    (2019年2月16日 20:36)

  • おもい-つくる/8 愛で乗り切れる

     20年前、マリさん(アサヒ精版印刷社長、築山万里子さん)が名乗るようになったプリンティングディレクター。紙選びから製版、印刷、製本までの全工程を仕切る“印刷の…

    (2019年02月04日 13:39)

  • おもい-つくる/7 泣いた分だけ、強く

     マリさん(築山万里子さん)と父の敬志朗さんは、仕事の進め方とかスタッフの統率とかの流儀が全然違う。怒ったことがなかった敬志朗さんに対して、「むっちゃ怒る」とい…

    (2019年1月21日 10:57)

  • おもい-つくる/6 にぎやかに追慕の杯

     アサヒ精版印刷の会長、築山敬志朗さんが亡くなってちょうど1カ月後の咋年12月20日、マリさん(築山万里子さん)とバーでばったり会った。スタッフの佐伯尚平さん(…

    (2019年01月07日 11:12)

  • おもい-つくる/5 大事なんは人や

     今年の3月、「パパ」こと築山敬志朗さんは、アサヒ精版印刷で娘のマリさん(築山万里子さん)と共に私に向き合って、いろいろと話してくれた。 アサヒ精版は昭和初めの…

    (2018年12月17日 10:20)

  • おもい-つくる/4 デザイン界のビッグパパ

     マリさん(築山万里子さん)の父で、アサヒ精版印刷の先代社長(現会長)、敬志朗さん(77)のことを、よく知る人たちは親しみを込めて「パパ」と呼ぶ。 コピーライタ…

    (2018年12月03日 10:23)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走 87歳男性、痛めた足で運転か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです