メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

晴レルデ

  • 大阪メルロー/26 探求の道、これからも

     「仲村わいん工房」(大阪府羽曳野市飛鳥)の醸造家、仲村現二さん(62)が畑にしゃがみ込み、ブドウの木々と対話をするような姿を度々見てきた。「『迷うたときは、ブ…

  • 大阪メルロー/25 “夢のブドウ”へ台木研究

     「仲村わいん工房」(大阪府羽曳野市飛鳥)の醸造家、仲村現二さん(62)の父光夫さん(2003年に80歳で他界)が独自に交雑育種を繰り返し、残したルーツのわから…

  • 大阪メルロー/24 飛鳥と結ぶ「葡萄の道」

     北半球では、新酒シーズン真っ盛りである。ワイン愛好家たちには待ちに待った季節の到来だ。だが、発酵を続けるブドウ果汁の横で醸造家たちの忙しい日々はやまない。醸造…

  • 大阪メルロー/23 生まれも育ちも大阪産で

     「名産葡萄(ぶどう)は農家の前栽(せんざい)に棚作り、多く栽(うえ)る。初秋の頃は、鈴のごとく生(なり)て、市に出す。其(その)味、他にまさりて甘美也(なり)…

  • 大阪メルロー/22 命名「大阪RN-1」

     「仲村わいん工房」(大阪府羽曳野市飛鳥)の醸造家、仲村現二さん(62)の父光夫さん(2003年に80歳で他界)が独自に交雑育種を繰り返し、羽曳野市小ケ谷(こか…

  • 大阪メルロー/21 黒ブドウの謎へ一歩

     大阪のワインやブドウに携わる人たちを元気づけ、醸造技術を互いに研さんしあっていこうと大阪を拠点とするワイン醸造所(ワイナリー)などで2012年10月に発足した…

  • 大阪メルロー/20 ライバルから同志に

     日照量不足と長雨の7月、猛暑が続いた8月、そして9月の台風――。めまぐるしかった季節を落ち着かせるかのようにブドウ畑も秋めいてきた。「仲村わいん工房」(大阪府…

  • 大阪メルロー/19 学びと気づきの日々

     収穫後、よい果実のみを残す「さび取り」と呼ばれる選果作業を終えたブドウの房が、かごに山積みとなっている。そのまま食べてもおいしいがワインとなるまでにはまだいく…

  • 大阪メルロー/17 終戦 受難の時代に

     1934年の室戸台風の災禍後、国による生食用ブドウ農家への葡萄(ぶどう)酒(ワイン)醸造免許の交付支援を受け、35年、大阪のブドウ栽培面積は866ヘクタールと…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです