メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Dr.北村が語る現代思春期

  • 「いちはやく」なぜ有料?

     9月8日本紙朝刊1面(東京本社版)「虐待なぜ防げぬ」の記事が目に留まりました。繰り返される痛ましい虐待死事件。児童相談所、警察など関係機関の対応、事件に関与し…

  • 緊急避妊施設、検索を

     緊急避妊には二つの方法があります。避妊しなかった、避妊に失敗した、レイプ被害に遭ったなどの性交後72時間以内に、黄体ホルモン製剤の一種であるレボノルゲストレル…

  • 「好き」と「愛」の違い

     毎年、高校1年生を対象に性の健康教育の機会を与えてくださる私立高校があります。出向く前に拙著「10代の後輩におくる僕の性教育」(日本家族計画協会)の感想文と併…

  • 「一寸先は闇」の出産

     個人的な話で恐縮です。僕の末娘が臨月になり、今か今かと孫の誕生を待ちわびていたところ、「陣痛が始まったので今から入院します」と連絡が入りました。夜中の2時くら…

  • 性感染症予防の近道

     「あなたと知り合う前に相手にセックスの経験があったかどうか尋ねたことがありますか」と聞くと、決まって「そんなこと聞けないし、知りたくもない!」と返ってきます。…

  • 早発思春期の診断

     「7歳の娘ですが、下着に血液がついているのを見つけて心配になって連れてきました」と訴える母親がいました。 日本産科婦人科学会では思春期を、「性機能の発現開始、…

  • HPVワクチン勧奨を

     子宮頸(けい)がんなどの原因であるHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染を予防するワクチン。2013年4月に定期接種が開始されたものの、その後、因果関係は不明…

  • AYA世代のがん

     白血病と診断され闘病中であることをツイッターで明かした競泳の池江璃花子選手(18)。「必ず戻ってきます」という前向きな姿に胸が熱くなった者の一人です。 日本人…

  • 緊急避妊薬を巡って

     避妊しなかった、避妊に失敗した、レイプされたなどの性交があった際、72時間以内に決められた用量の薬を飲んで妊娠を回避できる方法があります。この薬を緊急避妊薬と…

  • 折れない心を育む

     レジリエンスという言葉が注目されています。僕が初めて耳にしたのは、2011年の東日本大震災の時でした。地震や福島第1原発事故によって甚大な被害に見舞われてもな…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  4. 「幸楽苑」150店舗を当面休業 台風19号が福島・郡山の工場に影響

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです