メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Dr.北村が語る現代思春期

  • 60兆の細胞に感謝を

     ヒトのからだは60兆の細胞から成り立っていることをご存じですか。それでは、質問です。「60兆の細胞の管理者は誰でしょうか」。今さら申し上げるまでもなく、自分自…

  • ハネムーン・べビー

     今回のテーマですが、患者から「ハネムーン・べビーができた」との報告があったわけではありません。最近、立て続けに「この時期に産みたいのです。どうしたらいいですか…

  • 新型コロナ感染と「性」

     新型コロナウイルスという目に見えない来訪者に世界中が振り回されています。いつ収束するのか、それとも、このウイルスとの共存の道を歩むのか。とにかく安心して暮らせ…

  • 「か・ち・も・な・い」

     新型コロナウイルスが私たちの生活を脅かしています。「いったい何を信じたらいいのだろう」と頭を抱えることはありませんか。 そこで大事になるのが「メディアリテラシ…

  • 人さし指と薬指の関係

     最近、人に会うたびに「右の手のひらを僕の方に向けて」とお願いしています。「2d:4d」比に興味を抱いているからです。dとはdigit(手足の指)のこと。2dは…

  • 乳幼児のスマホ依存

     1歳児で約53分――。テレビやパソコン、スマートフォンなどで映像を視聴する時間(スクリーン時間)です。これは、2008年から10年にかけて不妊治療で生まれた子…

  • 依存症の対極には

     最近、「依存症」がメディアで話題になることが多くなっています。有名タレントが薬物依存で逮捕されたこと、カジノを含む統合型リゾート(IR)を政府が進めようとする…

  • HPVワクチンで「一揆」

     このまま、子宮頸(けい)がんの原因ウイルスであるHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染を防御するワクチンの積極的接種勧奨が差し控えられたままになったら、どうな…

  • 九州地方、高い中絶率

     国は毎年秋に、前年度の人工妊娠中絶実施状況を発表しています。最新のものは「2018年度衛生行政報告例(母体保護関係)」です。 年報告であった中絶統計が02年度…

  • サンタクロースの奇跡

     僕には「サンタクロースの奇跡」ともいえる体験が多数あります。1972年に創立された自治医科大学1期生である僕の、6年生のときの出来事を紹介させてください。 小…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 群馬・高崎にプロレス覆面専門店 東京からコロナ移住「マスク文化根付かせたい」

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです