メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たたなづく

映画監督の河瀬直美さんが時代や世界、人々のつながりに思いをはせます。

  • 歓びをバッハ会長と分かち合う=河瀬直美

     スイスはローザンヌにある国際オリンピック委員会(IOC)の本部を訪ねた。早朝、パリの駅を出発するローザンヌ行きの電車に乗るためにホテルを出る。まだ太陽の昇らな…

    (2019年03月03日 02:10)

  • 「想い」が「形」になる国で=河瀬直美

     ショートショートフィルムフェスティバル&アジアは、俳優の別所哲也さんが20年前に立ち上げたアカデミー公認映画祭である。今年は20周年の節目にあたるということで…

    (2019年02月03日 02:05)

  • パリで「奈良の四季」体験=河瀬直美

     11月23日、数年前から準備してきたフランスはポンピドゥー・センターでの河瀬直美展が開幕した。これまで創作した40本の作品を一挙に上映。シアターの横スペースで…

    (2018年12月02日 02:10)

  • 価値を伝える懸け橋になりたい=河瀬直美

     ロクシタン(植物原料を使ったスキンケア製品のブランド)の哲学を伝えるための映像作品を3タイプ創るために、9月の初め、フランスはプロバンス地方を訪問した。この時…

    (2018年11月04日 02:04)

  • 希林さんの言葉をかみしめた夜=河瀬直美

     9月15日樹木希林さん永眠75歳。その知らせは日本全国に瞬く間に流れた。自宅でウトウトとしていたところに、あちこちからその知らせがメールなどでもたらされる。映…

    (2018年10月07日 02:02)

  • 「映像」から得られること伝えたい=河瀬直美

     「なら国際映画祭」では、今年新設したプロジェクトにユース映画制作ワークショップとユース審査員がある。前者は中学生を対象にして、夏休み中に彼らの企画を映画化する…

    (2018年09月02日 02:09)

  • パリで「Vision」お披露目=河瀬直美

     今年は日仏友好160周年にあたり、パリにて「ジャポニスム」と題して日本の文化を伝える祭典があちこちで開かれる。そのオープニングセレモニーがあり渡仏した。新作「…

    (2018年08月05日 02:14)

  • 青い時間、暮れゆく時間に漂って=河瀬直美

     息子の学校で美術講座を開催しているので、受講した。にじみ絵と言われる手法で水に浸した画用紙に青の絵の具を一心に置いてゆく。夕方から日暮れて夜の闇になる頃の2時…

    (2018年07月01日 02:09)

  • 「大丈夫だよ」から新しいつながり=河瀬直美

     年明けから実の祖母の存在が気になって仕方がなかった。遠い昔の記憶の中に「京都のおばあちゃん」と呼んでいたその人は人懐っこい笑顔が印象的だった。映画の製作に集中…

    (2018年06月03日 02:03)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. 幼稚園バスなど5台絡む多重事故で2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです