メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金正恩体制のいま

北朝鮮の朝鮮労働党は5月6〜9日に36年ぶりとなる党大会を開催し、本格的な「金正恩(キムジョンウン)時代」のスタートを切った。大会に合わせた4年ぶりの平壌取材などから、今の北朝鮮を報告する。

  • /下 日朝関係 変化の芽

     「日本人と話したい」。平壌市内で荷物検査を受けていると、他国の記者を受け持つ北朝鮮当局者が声をかけてきた。外国メディアの受け入れ組織に所属するこの男性(29)…

    (2016年06月01日 03:27)

  • /中 経済制裁に「自強力」強調

     美白効果のある化粧水やひげそり用のクリーム。宿泊した平壌の羊角島国際ホテルの売店には、北朝鮮国産ブランドの化粧品が数十種類並んでいた。手ごろなクリームは200…

    (2016年05月31日 03:06)

  • /上 科学者重用し人心掌握 立派な住居、党幹部抜てき

     北朝鮮の朝鮮労働党は5月6〜9日に36年ぶりとなる党大会を開催し、本格的な「金正恩(キムジョンウン)時代」のスタートを切った。大会に合わせた4年ぶりの平壌取材…

    (2016年05月30日 02:58)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  2. わいせつ行為 児童9人に 小学教諭を懲戒免職に 県教委 /長崎
  3. 競馬・藤田菜七子はG1制覇ならず5着 フェブラリーステークス
  4. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  5. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです