メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハマりました。

  • 裸足ランニング 靴を捨て、健康取り戻そう

     靴を脱いで野山を走ると、自然の息遣いを土から感じる。足裏の感覚を研ぎ澄まし、正しいフォームで走れば、けがもしないし、健康にもいい。そんな「裸足ランニング」に魅…

    (2018年11月21日 02:03)

  • 頭蓋骨グッズ 内なる死見つめ、生きる力に

     頭蓋骨(ずがいこつ)といえば日本では不吉な印象だが、死の象徴であるがゆえにアクセサリーや仮装などで親しむ国がある。脳神経外科医の河本圭司さん(74)=兵庫県尼…

    (2018年11月07日 02:02)

  • たい焼き めでながら食べた4000匹

     食欲の秋、温かいものがおいしい。東京都杉並区のデザイナー、イワイサトシさん(50)=ペンネーム=は、たい焼きを食べ続け、その数4000個超。何が魅力なのだろう…

    (2018年10月24日 02:02)

  • 世界の「おまる」 隠された人間の営み発見

     日用品は、その時代の人々の生き方を映し出す。エッセイストの村瀬春樹さん(74)=神奈川県二宮町=がのめり込んだのは、古今東西の「おまる」から見えてくる物語だ。…

    (2018年10月10日 02:07)

  • 岬「巡礼」の旅 国土の形なぞる面白さ

     人知れず風雪に耐え、荒波にあらがいながら頑張っている大地の先端、そんな岬がいとおしい--。「岬巡り」を続ける神奈川県逗子市の大江高司さん(78)は、全国約38…

    (2018年09月26日 02:09)

  • ミツバチを飼う さざめく羽音は平和の調べ

     名古屋市のイラストレーター、伊藤ちづるさん(56)が自宅の庭でミツバチを飼い始めて5年。蜂蜜が好きで関心を持った。その愛らしさや、平和で理にかなった暮らしぶり…

    (2018年09月12日 02:14)

  • 日比谷公園の鉄棒 技決めてストレス解消

     好きこそ物の上手なれ。滝沢吉人さん(64)=埼玉県在住=は40年以上、東京都千代田区の都立日比谷公園に通って鉄棒の技を磨いてきた。鉄棒をやることで手に入れたの…

    (2018年08月29日 02:14)

  • 送電線用の鉄塔 「触りたい」でも近寄れない

     近寄って見上げると、意外と迫力があるものだなあ。ふだんは、あまり意識していない送電線用の鉄塔。その魅力はいったい何だろう。夢中になってしまった女性に会いに行っ…

    (2018年08月01日 02:04)

  • スリッパ卓球 商店街で、ゆるく真剣に

     晴れ渡った空の下、昔ながらの商店街の一角で、その卓球大会は開かれた。参加者が手にしたのは、スリッパ。いったいなぜ? 実行委員長の工藤圭亮(けいすけ)さん(48…

    (2018年07月18日 02:01)

  • エスカレーター 乗って眺めて世界を巡る

     駅やビルで、ふだん何気なく乗っているエスカレーター。東京都内の会社員、田村美葉(みは)さん(33)はエスカレーターに魅せられ、海外にまで足を運ぶ。なぜなのだろ…

    (2018年06月20日 02:22)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです