メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終末期医療

  • 環境整備待ったなし

     自民党が終末期医療に関する法案づくりに着手したのは、多死社会が到来し、患者の意思に沿った医療が行える環境を整える必要性が高まっているからだ。 国立社会保障・人…

    (2018年9月16日 06:40)

  • 延命中止、意思確認に力点 自民、新法検討

     自民党は、終末期医療のあり方を規定した新法作成の検討に入った。終末期医療を巡っては2012年に超党派の議員連盟が尊厳死法案をまとめているが、本人の意思に反して…

    (2018年09月16日 06:30)

  • 延命中止、意思確認に力点 自民、新法検討

     自民党は、終末期医療のあり方を規定した新法作成の検討に入った。終末期医療を巡っては2012年に超党派の議員連盟が尊厳死法案をまとめているが、本人の意思に反して…

    (2018年9月16日 03:40)

  • 漫画で解説 県制作、「話し合うきっかけに」 /和歌山

     県は、回復見込みが乏しい患者の延命治療や最期の過ごし方を本人の希望に沿って進める終末期医療(ターミナルケア)を紹介する漫画冊子「さいごまで自分らしく」を制作し…

    (2018年03月06日 14:21)

  • 事前指示「賛成」66% 「作成済み」8.1% 厚労省調査

     厚生労働省は23日、一般国民を対象に実施した終末期医療に関する意識調査の結果を公表した。終末期の治療方針について自分が意思決定できなくなった場合に備え、どんな…

    (2018年2月24日 03:17)

  • 初の調査へ 厚労省など、遺族5000人対象

     厚生労働省と国立がん研究センター(東京)は25日、がんや心疾患で死亡した患者の遺族約5000人を対象に、亡くなる直前までに受けた終末期医療や介護サービスについ…

    (2018年1月26日 03:48)

  • 在宅も指針 患者意向、何度も確認 厚労省改定案

     厚生労働省は17日、終末期医療の指針の改定案を有識者検討会に示した。自宅などでのみとりを望む人の増加を踏まえ、医療機関だけでなく在宅や介護施設での対応にも広げ…

    (2018年1月18日 03:46)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 訃報 田中信夫さん 83歳=声優、サンダース軍曹役
  3. サウジ政府 記者死亡を認める「口論と殴り合いの結果」
  4. 埼玉・和光の祖父母死傷 「生徒殺す前に家族を」 少年供述「迷惑かけたくない」
  5. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです