メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

踏み跡にたたずんで

芥川賞作家、小野正嗣さんの小説「踏み跡にたたずんで」がスタート。月1回、原則として第4土曜日に掲載します。

  • 石たちのあいだで=小野正嗣

     半世紀ほど前に亡くなった彫刻家のアトリエをそのまま公開しているという美術館は、ずいぶんとわかりにくいところにあった。 駐車場からも遠かった。どうしてそんなとこ…

  • 詩と診療所=小野正嗣

     ある詩人について調査旅行をしていたときの話だ。 詩人が幼年期を過ごした町を訪れた。彼女はそこで2歳から10歳まで老夫婦のもとで育てられた。彼女はその老父婦が自…

  • 自転車は倒れ、雨に濡れて…=小野正嗣

     激しい雨だった。 地面にぶつかってはじけた雨粒が、空から落ちてくる圧倒的多数の後続たちに押し戻され、押し切られ、地上より少し上のあたりがとりわけ白くかすんでい…

  • この波止場は波止場ではない=小野正嗣

     この波止場は、本当は波止場ではない。 そう言われても何のことやらわからなかった。 そもそも老人の言葉は聞き取りにくかった。 かぶっていた野球帽も服も色あせてい…

  • 桜とあざらし=小野正嗣

     日本庭園があると聞いていたので訪れることにした。 窓の向こうの、ビル群の上に広がる巨大な空には雲ひとつないのに、容赦のない時差ボケのせいで、頭のなかにはどんよ…

  • 希望の鉢植え=小野正嗣

     誰が持ってきたものかはわからないのですが、そこにあったのです、と集落の住人のひとりが困惑を隠しきれずに言ったという。 いまさらこんなものを持ってこられても困る…

  • 沿道で待ちながら=小野正嗣

     沿道に背中の少し曲がった老婆(ろうば)がひとり立っていた。手には小さな旗が握られていた。どこかの国の旗のように見えた。だとしたら知らない国だ。 老婆は何かを待…

  • 冬の海=小野正嗣

     海のすぐそばに、海岸線に沿うようにしてコンクリートの壁があれば、たとえさほど高いものでなくとも、それは防潮堤とか防波堤と呼ばれるものだろう。 それ、それ、と言…

  • 作品はどこに?=小野正嗣

     公園のどこにもそれらしきものはなかった。 「それ」というのは、アート作品である。しかし、具体的にどんなものなのか、西浦氏はまったく教えてくれなかった。 「さん…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです