メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

モリシの熊本通信

  • 早期の区画整理求める声 /佐賀

     熊本地震の発生から14日で3年。私は熊本市に自宅とオフィスを置いているが、日々の暮らしの中で地震の影響を実感する機会は、めっきり減った。しかしながら、2度の震…

    (2019年4月20日 15:52)

  • 被災者の声なき声を伝え続ける /佐賀

     来月で熊本地震から丸3年。そのタイミングで記事を何本か世に出そうと考え、最近時間を見つけては、以前取材した被災地を歩いている。 先日訪れた、震源地に近い熊本県…

    (2019年3月23日 16:05)

  • 生活再建に取り組める環境を /佐賀

     熊本地震の発生から2年10カ月。熊本地震で自宅を失い、仮住まいをしている被災者が、初めて2万人を切ったとのニュースがつい最近入ってきた。 熊本県の発表によると…

    (2019年2月23日 15:35)

  • 家庭の地震対策見直しを /佐賀

     今月3日午後6時10分ごろ、熊本県で震度6弱を観測する地震が発生した。私は発生当時、熊本市南区の自宅にいたところ、揺れを感じた。テレビに目をやると、同区は震度…

    (2019年1月26日 16:33)

  • コミュニティー形成で孤立を防ぐ /佐賀

     熊本地震から2年8カ月。最近ではニュースとして報じられることがめっきり少なくなり、風化を感じる。しかしながら、今も多くの人々が仮暮らしを続けており、さまざまな…

    (2018年12月15日 16:06)

  • 問われる報道する側の姿勢 /佐賀

     死者・行方不明者44人を出した雲仙・普賢岳噴火災害(1990~96年)の脅威と教訓を伝承する施設「雲仙岳災害記念館がまだすドーム」(長崎県島原市)が今年4月1…

    (2018年11月17日 14:07)

  • 向き合い続ける覚悟 /佐賀

     熊本地震から2年半となる10月14日、本連載を中心に、これまでに執筆した原稿を収録した電子書籍「ルポ熊本地震-あの時の記憶」を出版した。 本連載がスタートした…

    (2018年10月20日 15:10)

  • 見直したいラジオの強み /佐賀

     6日、北海道胆振(いぶり)地方を震源とする、最大震度7の地震が発生した。41人の命が奪われ、けが人も692人にのぼった。そしてこの原稿を執筆している20日時点…

    (2018年9月22日 15:16)

  • 精力的な活動が地域をつなげる /佐賀

     先日、熊本地震関係のイベント登壇のため、宮城県気仙沼市を訪れた。イベントは、同市のシェアオフィス「co-ba(コーバ)KESENNUMA」の志田淳さん(26)…

    (2018年8月25日 16:13)

  • 医療費免除の復活を求める声 /佐賀

     多くの人々の不安を解消してきた熊本地震の被災者の医療費免除。この措置が昨年9月いっぱいで打ち切られた。 医療費免除は、国民健康保険と後期高齢者医療制度の加入者…

    (2018年7月28日 15:57)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです