連載

変わる学び

グローバル化や情報社会の更なる進展など、社会の変化に対応できる思考力・判断力を育むことを目指した今回の学習指導要領改定案は「主体的・対話的で深い学び」(アクティブ・ラーニング)の導入や小学校5、6年の英語教科化などが盛り込まれ、「戦後最大規模の改定」との見方もある。大きな変革の波が寄せる教育現場の今を報告する。

あわせて読みたい

注目の特集