メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待ち遠しい

柴崎友香さんの「待ち遠しい」は、「人と人は境界を越えられるのか」というテーマに挑みます。舞台は現代の大阪郊外。年代も育った環境も異なる3人の女性が楽しく時に面倒に感じながら関わり合い、自らの生き方を手探りしていきます。挿絵は京都市在住のイラストレーター、赤井稚佳さん。小説家と仕事をすることも多く、ペンと色鉛筆で物語世界を盛り上げます。

  • /46 作・柴崎友香 題字・画 赤井稚佳

     ◇前回までのあらすじ 妻の沙希を思いやるようにと諭すゆかりに対し、拓矢はゆかりの娘が実家に寄りつかないことで非難し、聞く耳を持たない。そこへ沙希の母律子が訪ね…

    (2017年12月17日 04:02)

  • /45 作・柴崎友香 題字・画 赤井稚佳

     ◇前回までのあらすじ ゆかりの深夜の電話に呼ばれ、春子が母屋へ行くと、沙希の夫の拓矢がいた。自宅の黄色い家を訪ねたものの、チェーンがかかっていて入れないらしい…

    (2017年12月10日 04:03)

  • /44 作・柴崎友香 題字・画 赤井稚佳

     ◇前回までのあらすじ 沙希には、母親の負担を考えて夢をあきらめた過去があるようだ。その母親が自分には伏せたまま、別れた夫から養育費をもらっていたことを知ったの…

    (2017年12月03日 04:02)

  • /43 作・柴崎友香 題字・画 赤井稚佳

     ◇前回までのあらすじ 春子は五十嵐が眼鏡強盗事件の犯人とはとても思えない。ホームセンターでの買い物の帰り、沙希を誘ってファミリーレストランに入った。妊娠してい…

    (2017年11月26日 04:03)

  • /42 作・柴崎友香 題字・画 赤井稚佳

     ◇前回までのあらすじ ゆかり宅を訪れた五十嵐は、初対面の沙希と少し雑談をし、電球を交換して帰っていった。沙希は春子を買い物に誘い、車を出す。運転しながら沙希は…

    (2017年11月19日 04:03)

  • /41 作・柴崎友香 題字・画 赤井稚佳

     ◇前回までのあらすじ 「女の人は生きるのがうまい」との上司の言葉に春子は苛立(いらだ)ち、考え込む。土曜日、春子は母屋でゆかりに消しゴムはんこの作り方を教える…

    (2017年11月12日 04:02)

  • /40 作・柴崎友香 題字・画 赤井稚佳

     ◇前回までのあらすじ 夫の拓矢が不在ながら、沙希は宿した子を産みたいと強く思っており、ゆかりはそれを喜んで支えようとしている。春子が職場で、産休や育休が非難さ…

    (2017年11月05日 04:02)

  • /39 作・柴崎友香 題字・画 赤井稚佳

     ◇前回までのあらすじ 沙希は妊娠したことを自分でゆかりに打ち明けた。ゆかり宅を久々に沙希が訪れ、春子を交えて3人での夕食となった。沙希は、何かと突っかかってい…

    (2017年10月29日 04:01)

  • /38 作・柴崎友香 題字・画 赤井稚佳

     ◇前回までのあらすじ 直美たちとの花見の席で、春子は独身の今の生活を「じゅうぶん」だと口にする。結婚観や家族観は人それぞれなのに、「標準」以外は認められない空…

    (2017年10月22日 04:02)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア 羽生結弦が全日本選手権を欠場 連盟が発表
  2. 九頭竜湖事件 44歳被告に無期懲役判決 名古屋地裁
  3. 九頭竜湖事件 被告に2審も無期判決 女性殺害、傷害致死
  4. 本社来訪 臨時編集長くまモン シャンシャンの写真選ぶ
  5. フィギュアスケート 羽生「腱と骨にも炎症」コメント追加

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです