メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おんなのしんぶん・安田菜津紀の写心館

  • 週刊サラダぼうる・安田菜津紀の写心館
    私たちのこと 忘れないで

     インド北部、デリー。高層ビルが林立するすぐ裏に、古びた褐色のアパートが所せましと並び、クモの巣のように電線が巡っている。曲がりくねった路地を進み、ひっそりとし…

    (2017年10月09日 02:04)

  • 豊かさ問い続ける旅

     さびの目立つ鉄扉をくぐり、湿気を帯びた空気のよどみにたじろぎながら奥へと進む。すると鉄格子の向こう側、薄闇の中の瞳が一斉にこちらを向いた。フィリピン・マニラの…

    (2017年09月04日 02:03)

  • 陸前高田の七夕

     今年も待ちに待った季節がやってきた。「七夕」と聞くと、多くの人が7月7日を思い浮かべるだろう。かつては私もその一人だった。あの東日本大震災が起きるまでは。 縁…

    (2017年08月07日 02:04)

  • ISから逃れても

     扉の陰に身を隠すようにたたずみながら、少女はじっと外を見つめていた。白昼の停電でテントの中は、よどむ空気にむせ返るような熱気がまとう。14歳だという彼女は、難…

    (2017年07月10日 02:03)

  • 菜の花の中から

     見渡す限りの黄色、その花たちを包み込むように澄み渡る青空。風にのって蜜のほんのり甘い香りが広がる。背の高い菜の花の中から、絶えず笑い声が響いていた。福島県南相…

    (2017年06月05日 02:03)

  • 念願の再出荷

     寸断された道を避け、熊本県・阿蘇へと続く迂回(うかい)路をたどる。曲がりくねった山道、眼下に広がる大地はほのかな緑に包まれ、駆け抜けていく風はどこか瑞々(みず…

    (2017年05月01日 02:46)

  • この街の宝物

     2011年4月21日、海から吹きつける風はかすかに温かさを帯びていた。春を迎える季節となっても、目の前に広がる陸前高田の街はどこまでもがれきに覆われ、色彩を失…

    (2017年03月27日 02:31)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  3. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  4. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  5. ORICON NEWS 純烈リーダー・酒井、友井に会う可能性を否定「あいつは僕の中で死にました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです