メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美とあそぶ

  • 平野ノラさん/2 絵が誰かの役に立つなら

     高校卒業後、最初はミュージカルの道に進もうと考えて、その方面の学校に通いました。ところが、自分より若い子がタップを踊り、上手に歌っている。私は小学校から高校ま…

  • 平野ノラさん/1 描いている間は「無」に

     芸人を目指して、一度挫折した20代半ばのころ、自分が何をしていいのかわからなくなったときに、たまたま絵を描いてみたのが始まりです。 下描きもせず、最初から黒い…

  • 倉本聰さん/4止 森が先か 神社が先か

     <春 森は水の匂いと 光の粒に満ち 木々は 大地から水を吸いあげて 夫々(それぞれ)が 水の柱となる> 春の木って、特に沢沿いの木に耳をつけると、水を吸い上げ…

  • 倉本聰さん/3 2羽の小鳥は僕と妻

     <小鳥二羽 都は遠く なりにけり> この絵はね、ある日、2羽の小鳥が雪の中の木の枝にいるのを見て、僕とかみさんの2人が、ぽつんと北海道の自然の中に住んじゃった…

  • 倉本聰さん/2 木のささやきを聞く

     僕は今、木ばかり描いています。描いていると、木がいろんなことをしゃべっているような気がしてくるんです。樹齢500年の巨木なら、織田信長とほぼ同じ時代に芽を出し…

  • 倉本聰さん/1 点描画はテレビ画素から

     カラマツは冬になると葉っぱを落とします。北海道の十勝地方ではよくある風景です。幹がスーッと真っすぐに伸び、雪の中に、その影だけを引いた姿が美しくて描いてみまし…

  • 弘中惇一郎さん/4止 個展開いたら昔の友が

     大学美術部時代の仲間と毎年、カレンダーを作っています。53年になります。来年3月に銀座の画廊を借りて、53年分のカレンダーを展示しようと企画しています。 一昨…

  • 弘中惇一郎さん/3 弁護士の仕事に通じる

     8年ほど前、夢だったアトリエを持ちました。両親が亡くなった後、放置していた実家の土地が草ぼうぼうになり近所迷惑になっていたので、幼なじみの建築家に「茶室とアト…

  • 弘中惇一郎さん/2 色をどうマッチさせるか

     大学の美術部で最初の頃は風景画や静物画を主に描いていました。そのうち仲間と話し合ったり、さまざまな絵を見たりしているうちに、抽象画を描きたくなりまして。特に、…

  • 弘中惇一郎さん/1 描きたいものは突然

     高校、大学時代は美術部に入りました。油絵自体に初めて触れたのは小学校4年ぐらいの時でしょうか。油絵は後から上塗りして、足したり削ったりできるし、パレットで絵の…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです