メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外日本 南アに敗れ、準決勝進出ならず

美とあそぶ

  • 榎木孝明さん/3 不思議な夢、忘れぬうちに

     高校時代から「夢ノート」を面白がってつけています。 誰でも体験する不思議な感じが「夢」ですよね。精神分析を語ったフロイトの「夢判断」に反発したのかもしれないな…

  • 榎木孝明さん/2 必要のない物は描かない

     大学2年の時に「劇団四季」の研究生になりました。早朝から未明まで劇団と学業とアルバイトを両立させる生活を1年以上続けましたが、結局無理でした。芝居を選んで大学…

  • 榎木孝明さん/1 東京駅は原点 何度も描く

     高校卒業まで暮らした鹿児島県菱刈町(現伊佐市)は田園風景が広がる美しい土地です。中学時代から風景画に取り組みました。本格的に美大を目指そうと、高校生の時に東京…

  • 林家木久扇さん/4止 世の中にお返ししたい

     中国でラーメン店を開く壮大な夢を描いて元首相の田中角栄さんを訪ねたことがあります。深刻な陳情かと思っていた角栄さんは「無礼もの!」と大激怒。さんざんどなられた…

  • 林家木久扇さん/3 絵が描けて助かった

     噺家(はなしか)のしゃべりを聞き、頭の中で想像して楽しむのが落語です。子供も想像しやすいよう、僕なりに表現した絵をよく描きます。これは古典の「寿限無」が題材。…

  • 林家木久扇さん/2 「手間」見せないのが僕流

     東京・日本橋にあった実家の雑貨問屋は東京大空襲で焼け、一気に貧乏になりました。僕は新聞配達などで家族を支えたけど、お金が稼げて大好きな映画も見られると思いつい…

  • 林家木久扇さん/1 見てくれる人思い浮かべ

     床屋の待合室などで絵を見た人がクスッと笑ったり、隣の人と会話したりしてくれたらうれしいなあ。僕は見てくれる人の顔を思い浮かべながら絵を描きます。 これは古典落…

  • 国広富之さん/4止 だるまの目は何を見たか

     ただ雲を眺めているだけでもインスピレーションが湧く。それが発酵して、絵になっていく。舞台やドラマは俳優としてアイデアを出したりもするけど、監督が絶対ですから。…

  • 国広富之さん/3 クジラに魅せられて

     クジラに興味がありました。クジラは平和な生き物です。おなかがすけば食べるけど、決して欲張ったりしない。来年のことをどうしようかと考えたり、去年の失敗をくよくよ…

  • 国広富之さん/2 京都の仏像、東京の鍵穴

     京都で育ったので、お寺の境内は遊び場でした。家の近くの頂妙寺には仁王門があるんです。柵の一部が折れていたりするのも歴史を感じさせ、味がある。ちょっとおっかない…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 災害時…電気、ガス、水が乏しくてもポリ袋で簡単調理

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです