メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Country・Gentleman

「英国で生まれ育った者にとって、『田舎に住んでいる』と言えるのは誇るに値すること」。自然を主題にした作品で知られる作家、C・W・ニコルさんのコラムです。

  • 自然の恵み、ご近所と分け合う=C・W・ニコル

     <カントリージェントルマン> 隣人のヨシオは専業農家だ。だが、1980年に初めて黒姫へ来た当時は、この地域を担当する郵便配達人だった。地元の猟友会に私を紹介し…

    (2018年10月03日 02:11)

  • 山火事の脅威はすぐそこに=C・W・ニコル

     <カントリージェントルマン> このところ、アメリカのカリフォルニアやコロラドをはじめ、実に多くの国々で大規模な山火事が頻発している。アメリカ、オーストラリア、…

    (2018年09月05日 02:05)

  • 夏の山、虫たちに注意=C・W・ニコル

     夏、長野駅では多くの旅行者を見かける。日本人も外国人もアウトドアの装備を抱えているが、半袖に短パンという軽装を目にするたび気になって仕方がない。特に若者の場合…

    (2018年08月08日 02:09)

  • 里山支える「馬耕」の復活を=C・W・ニコル

     <カントリージェントルマン> 私たちは2頭の馬、雪丸と茶々丸を飼いはじめた。森から間伐材を運び出す「馬搬(ばはん)」と、キャンプ道具や食材などの荷物を馬に運ん…

    (2018年07月11日 02:02)

  • 昔は隠れ家、今は食卓の定番=C・W・ニコル

     <カントリージェントルマン> ワラビはシダ植物で、南極大陸を除くすべての大陸に分布する。ここ長野のアファンの森にも生育しており、50センチ程度にまで成長、一本…

    (2018年06月13日 02:09)

  • 田舎暮らしは何事も経験=C・W・ニコル

     <カントリージェントルマン> 東京ではサクラの見ごろもとうに過ぎたころ、黒姫のわが家のサクラは満開を迎えた。雪国では、サクラの開花と時を同じくしてハクモクレン…

    (2018年05月16日 02:05)

  • 春の到来告げる、フキノトウ=C・W・ニコル

     <カントリージェントルマン> 春がすぐそこまで来ている。雪が解け、木々の幹を丸く囲むように根元の土が見え始め、鳥居川は白く水しぶきをあげて流れていく。だが、か…

    (2018年04月18日 02:27)

  • 守りたい、希望与えた場所=C・W・ニコル

     <カントリージェントルマン> 2011年の東日本大震災の後、C・W・ニコル・アファンの森財団は宮城県東松島市から小学校移設に向けての支援を求められた。その中心…

    (2018年03月21日 02:08)

  • 東京の“大雪”でぎゅうぎゅう詰め=C・W・ニコル

     <カントリージェントルマン> 1月23日の午後、上京した。東京駅では、タクシー乗り場に長蛇の列ができていたため、地下鉄を利用した。まだ夕方の4時ごろだというの…

    (2018年02月21日 02:03)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 訃報 仙谷由人さん72歳=元衆院議員、元官房長官
  3. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  4. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  5. 特集ワイド 麻生氏続投にブーイング 責任取らない副総理兼財務相 発言に共感性なく デフレ対策でも「失格」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです