メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中村文則の書斎のつぶやき

芥川賞受賞作家、中村文則さんのコラム。いろいろな場所の「書斎」から、いろいろなことを「呟(つぶや)き」ます。

  • 食い違う答弁に説明を

     今の日本は、こういう国になっている。 (1)何か問題が起きた時、過去の記録を調べようとすれば、その記録は破棄・改ざんされている可能性がある。 (2)法案を作成…

    (2018年06月02日 12:23)

  • 日本は今、緊急事態だ

     日本の政治から、恥の文化は失われたのかもしれない。 恥には周囲の目を気にする概念と、自分で自分を見つめた時にどう思うか、の概念があるが、今の政治には二つともな…

    (2018年05月05日 12:43)

  • 自民、このままでいいのか

     森友学園に関して、首相夫人も証人喚問すべきだ、という声をかなり聞く。必要だと思うが、僕が一番疑問なのは、なぜ首相夫人は、そもそも記者会見すらしないのだろうとい…

    (2018年04月07日 11:11)

  • 僕の原作映画、楽しんで

     以前、僕の小説「最後の命」が映画化された時、出演しないかと言われた。 主人公とヒロインが映画に行くシーンがあり、そのチケット売り場のスタッフ役。原作者の姿が映…

    (2018年3月3日 12:33)

  • 僕の隣に人が座らない

     近ごろ、小さいことだけど、なかなかショックなことに気づいた。電車で、僕の隣に人が座らないのである。 前から薄々感づいていたのだけど、改めて意識してみると、やは…

    (2018年2月3日 10:50)

  • 写真撮影 まるで拷問?

     小説家の仕事は小説を書くことなのだけど、新刊のインタビューなどで、よく写真を撮られる職業でもある。 外で撮影になると、通行人がやはり見てくる。「芸能人が来てる…

    (2018年1月6日 11:52)

  • 性犯罪は加害者の問題

     「Black Box」(伊藤詩織著)を読む。この本は、多くの人に読まれるべき一冊だと感じた。 見知らぬ者から強姦(ごうかん)被害を受ければ犯罪とすぐ認識できる…

    (2017年12月2日 10:38)

  • カラクリと議席の虚像

     今回の選挙結果は、虚像のように思う。 自公VS野党一本化なら、単純計算で小選挙区では自公120勝、野党106勝になるらしい。小選挙区では、考え方が真逆のはずの…

    (2017年11月4日 10:31)

  • 大義のない衆院選

     衆議院が解散となった。街頭などの選挙演説は積極的に聞きたいが、執筆には静寂が必要で、選挙カーでの名前の連呼が聞こえてくるのは、正直あまり好きではない。しかしそ…

    (2017年10月7日 12:54)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 B・V・ベイダー氏 63歳・プロレスラー
  2. サッカー日本代表 補欠の浅野が離脱 経験者の香川が激励
  3. 野球漫画 「ドカベン」46年で完結 28日発売号で
  4. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  5. アメフット 日大の早期復帰求める 宮川選手が要望書提出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです