メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一点張り・論説室から

論説委員が交代で旬の話題について執筆します。

  • 女性のモノ扱い、許さぬ認識兆す=大貫智子

     遅ればせながら、ようやく日本でも「おかしい」と訴えれば共感の輪が広がる時代になりつつあるようだ。 男性誌「週刊SPA!」が「ヤレる女子大学生RANKING」と…

    (2019年1月17日 02:08)

  • 外国人との共生、摩擦を経てこそ=花谷寿人

     住民約5000人のうち半数以上が中国人というマンモス団地が埼玉県川口市にある。芝園団地という。メディアにも時々取り上げられる。しかし住民間のトラブルが減ったこ…

    (2018年12月20日 02:06)

  • 初の文化財登録 差別排除の契機=三野雅弘

     瀬戸内海に浮かぶその島は、茂る木々がくっきりと見えるほど本州の海岸線と近い。だが、そこにつながる橋が架かったのはわずか30年前。長く社会から分断された歴史を持…

    (2018年12月6日 02:14)

  • 裁判員の負担軽くするには=野原靖

     審理期間207日、公判回数70回、証人延べ120人以上。そんな裁判員裁判の判決が今月8日、神戸地裁姫路支部で言い渡された。裁判員裁判としては最長の日数だ。これ…

    (2018年11月15日 02:04)

  • 人生100年時代 何色に輝くか=濱田元子

     「生きてるかあ……? 死んでるかあ……?」 彩の国さいたま芸術劇場の広い舞台上を埋め尽くすように横たわる300人超のお年寄り。その海をかき分けながら一人の声が…

    (2018年10月18日 02:18)

  • いじめを未然に防ぐためには=澤圭一郎

     いじめをいかに早く見つけて対処するか。そして、いじめを未然に防ぐ環境をどう作るか。いじめ対応の要点は大きくこの二つだろう。 文部科学省の調査では、2016年度…

    (2018年10月4日 02:02)

  • 平成駆けた希代の歌姫=濱田元子

     アムロとセアカゴケグモ。何の関係もなさそうな二つの言葉が、記憶の底で密接に結びついている。1996年8月、1年間の留学から大阪に帰った時、聞いたことのなかった…

    (2018年9月18日 02:10)

  • ナチ・ハンターと95歳の強制送還=海保真人

     95歳の元ナチス看守を米国がドイツへ強制送還した、というニュースが先月流れた。 男はウクライナ出身で、第二次大戦中にポーランドの強制収容所で務め、その過去を隠…

    (2018年9月4日 02:03)

  • 災害時の外国人対応は十分か=大貫智子

     1大阪 地震 2日本 地震 3大阪 6月18日の出勤時、大阪を襲った震度6弱の地震発生から2時間近くがたったころ。韓国最大手のポータルサイト「ネイバー」の検索…

    (2018年8月21日 02:02)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  2. 「AKB48」の握手会 はしか感染の男性参加 6日、大阪で
  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  4. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され
  5. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです