メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一点張り・論説室から

論説委員が交代で旬の話題について執筆します。

  • 新天皇、米政権 そして「首相4選」=及川正也

     トランプ米大統領が5月26日に国賓として来日し、同月1日に即位する新天皇と会見する。6月にも大阪での主要20カ国・地域(G20)首脳会議のため来日する予定だ。…

    (2019年4月18日 02:07)

  • 見通せない福島原発廃炉=鴨志田公男

     東京電力福島第1原発の敷地内にコンビニエンスストア「ローソン」がある。開店してまる3年。食品や日用品が一通りそろう。一番の売れ筋商品は、シュークリームだそうだ…

    (2019年3月21日 02:10)

  • 米朝首脳会談と米ソINF交渉=布施広

     1986年10月のアイスランド・レイキャビク。レーガン米大統領は、中距離核戦力(INF)全廃条約に関するゴルバチョフ・ソ連共産党書記長の対応に怒り、傍らのシュ…

    (2019年3月7日 02:03)

  • 外国人労働者と共生探る自治体=伊藤正志

     外国人労働者の受け入れ拡大は評価できる。だが、政府が示した政策の全体像が見えず、不安が残る。会議はそんな空気に満ちていた。 外国人が多く住む地方自治体で作る外…

    (2019年2月21日 02:04)

  • 子どもの成長を支える指導とは=村田隆和

     スポーツの指導者像があらためて問われているのではないか。大学や高校野球界で指導者による暴力の報告例が相次いだ。 かつては、愛情や期待の表れで通用したかもしれな…

    (2019年2月7日 02:02)

  • 女性のモノ扱い、許さぬ認識兆す=大貫智子

     遅ればせながら、ようやく日本でも「おかしい」と訴えれば共感の輪が広がる時代になりつつあるようだ。 男性誌「週刊SPA!」が「ヤレる女子大学生RANKING」と…

    (2019年1月17日 02:08)

  • 外国人との共生、摩擦を経てこそ=花谷寿人

     住民約5000人のうち半数以上が中国人というマンモス団地が埼玉県川口市にある。芝園団地という。メディアにも時々取り上げられる。しかし住民間のトラブルが減ったこ…

    (2018年12月20日 02:06)

  • 初の文化財登録 差別排除の契機=三野雅弘

     瀬戸内海に浮かぶその島は、茂る木々がくっきりと見えるほど本州の海岸線と近い。だが、そこにつながる橋が架かったのはわずか30年前。長く社会から分断された歴史を持…

    (2018年12月6日 02:14)

  • 裁判員の負担軽くするには=野原靖

     審理期間207日、公判回数70回、証人延べ120人以上。そんな裁判員裁判の判決が今月8日、神戸地裁姫路支部で言い渡された。裁判員裁判としては最長の日数だ。これ…

    (2018年11月15日 02:04)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. AAA浦田容疑者逮捕 所属事務所が公式HPで謝罪
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 体育館トイレ個室の壁が倒壊 女性下敷きで重傷 香川
  4. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  5. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです