メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

一点張り・論説室から

論説委員が交代で旬の話題について執筆します。

  • 国立追悼施設はもうできない=伊藤智永

     終戦記念日に全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で行われるようになったのは、戦後20年の1965年からである。独立後それまで4回開かれたが、2回は5月…

  • 情報は誰のもの 改めて確認を=永海俊

     参院選に向けた自民党の公約集に情報公開や公文書管理制度の強化をうたう項目はない。 財務省による公文書改ざんが発覚してから、今回は初の国政選挙だ。「森友・加計」…

  • スポーツの尊厳損なう危うさ=村田隆和

     競技の公平性か、差別か--。一つの新たな規定と裁定が波紋を広げている。 陸上女子800メートルで五輪2連覇中のキャスター・セメンヤ選手(南アフリカ)の訴えが先…

  • 瀬戸内から見る地方再生の糸口=三野雅弘

     交通が極めて不便で人口減と高齢化が深刻な離島でも、大きな集客力を生み出せる。そのお手本ともいえるイベントが始まった。 瀬戸内海の12の島と二つの港を会場に、3…

  • 新天皇、米政権 そして「首相4選」=及川正也

     トランプ米大統領が5月26日に国賓として来日し、同月1日に即位する新天皇と会見する。6月にも大阪での主要20カ国・地域(G20)首脳会議のため来日する予定だ。…

  • 見通せない福島原発廃炉=鴨志田公男

     東京電力福島第1原発の敷地内にコンビニエンスストア「ローソン」がある。開店してまる3年。食品や日用品が一通りそろう。一番の売れ筋商品は、シュークリームだそうだ…

  • 米朝首脳会談と米ソINF交渉=布施広

     1986年10月のアイスランド・レイキャビク。レーガン米大統領は、中距離核戦力(INF)全廃条約に関するゴルバチョフ・ソ連共産党書記長の対応に怒り、傍らのシュ…

  • 外国人労働者と共生探る自治体=伊藤正志

     外国人労働者の受け入れ拡大は評価できる。だが、政府が示した政策の全体像が見えず、不安が残る。会議はそんな空気に満ちていた。 外国人が多く住む地方自治体で作る外…

  • 子どもの成長を支える指導とは=村田隆和

     スポーツの指導者像があらためて問われているのではないか。大学や高校野球界で指導者による暴力の報告例が相次いだ。 かつては、愛情や期待の表れで通用したかもしれな…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです