メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一点張り・論説室から

論説委員が交代で旬の話題について執筆します。

  • 隣国の手法は「ご参考」程度に=大貫智子

     またしても繰り広げられた日韓の小競り合いにため息が出た。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため日本が中韓両国からの入国制限を強化し、韓国が対抗措置をとった一件…

  • 被災者支援制度 後追い脱却を=三野雅弘

     毎年のように自然災害が日本列島で起き、「被災者」が生まれている。支援態勢は十分と言えるだろうか。 災害があるごとに新たな課題が表面化し、対応を迫られている現実…

  • 手打ち野球と遊びの復活=滝口隆司

     手打ち野球といえば、友だちと遊んだ少年時代の懐かしい思い出がよみがえってくる。校庭に足で線やベースを描き、軟らかいゴムボールを素手で投げたり、打ったりした。 …

  • AIひばりと「これから」=人羅格

     大みそかの紅白歌合戦に、NHKは「AIひばり」を登場させるという。 AIひばりは30年前に亡くなった歌手、美空ひばりさんの歌声や歌い方の膨大な音声記録を人工知…

  • SNS社会とシェークスピア=濱田元子

     400年以上前に書かれたシェークスピアの悲劇と、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)。この一見、交わらないような二つが、現代政治の実相を鋭く突く。…

  • 医療事故調査 活用する知恵を=玉木達也

     医療事故の再発防止を目指して始まった医療事故調査制度が今月で5年目に入った。 この調査は医療機関や助産所で起きた「予期せぬ死亡、死産」が対象だ。発生すれば、医…

  • 大阪冠する梅田、駅名は世につれ=野原靖

     阪急電鉄と阪神電気鉄道のターミナルである梅田駅が、来月からそろって、大阪梅田駅へと改称される。 梅田には、阪急、阪神、大阪メトロ、そしてJRが乗り入れる。この…

  • 国立追悼施設はもうできない=伊藤智永

     終戦記念日に全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で行われるようになったのは、戦後20年の1965年からである。独立後それまで4回開かれたが、2回は5月…

  • 情報は誰のもの 改めて確認を=永海俊

     参院選に向けた自民党の公約集に情報公開や公文書管理制度の強化をうたう項目はない。 財務省による公文書改ざんが発覚してから、今回は初の国政選挙だ。「森友・加計」…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  3. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです