メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

銀シャリのしゃシャリでてすみません

  • 光陰は、あっという間に

     12月だ。師走だ。小さい頃、この漢字を習った時の衝撃よ。「しわす」って読むんかい!めっちゃ渋いやん! 普段ゆっくり歩きはる師匠が走らないといけないくらい忙しい…

    (2018年12月10日 16:03)

  • 趣味人への道は険しく

     無趣味だ。 好きなことや得意なことがテレビ出演につながる時代に、致命的な欠陥だ。映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、どれも好きなのだが、月並みと言われちゃう。いっそ映画…

    (2018年11月12日 15:22)

  • タクシーあるある考

     タクシーにはクリアしなければならない、いくつかのミッションが存在する。まず街中で「空車」のタクシーを見つけた時。近づいて来たら「賃走」やったり「回送」やったり…

    (2018年09月10日 15:34)

  • VS食券機 むなしきバトル

     優柔不断だ。初めて行くラーメン屋さんにおいて、それはより顕著に現れる。席で注文するならまだ猶予があるのだが、昨今は食券制が多い。お店の扉を開けたらすぐ食券機。…

    (2018年08月13日 15:38)

  • 無限の存在 それが、おかん

     おかん。それはおそらく、この世で最強の生命体ではないでしょうか? まず、おかんは「食べれる」「食べれない」の判断能力がものすごく高い。匂いを嗅いだだけで「あっ…

    (2018年07月09日 15:14)

  • 失われた漢字プライド

     漢字が書けない。 自分でも最近わかったことなのです。漢字を知らないんじゃない。なんだったら漢字大好き、漢字を書けることを誇らしく思ってたタイプで、学生の頃は「…

    (2018年06月11日 16:09)

  • 優しさの果ての自爆……

     優しさってむずかしくないですか? 例えば、レジがだいぶ混んでる時。自分の番になったらスムーズに早くお会計しようと、焦ってお釣りを取ろうとして、バシャーン!と落…

    (2018年05月14日 15:47)

  • 春らんまん 鼻は満タン

     わたくし、何を隠そう花粉症が半端ないんです。今年は、そりゃもうすごいですね! 壊れた蛇口のように大量の鼻水が……。花粉症同士では「どれタイプ?」「鼻っす」とオ…

    (2018年04月09日 15:16)

  • 地獄の“目覚ましループ”発動

     目覚まし時計をかけずに眠りにつける幸せってありますよね。そんな日に限って、携帯のアラームが前日の設定のまま作動して、「くそーっ! せっかくいい眠りについてたの…

    (2018年03月10日 16:23)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 統計不正 統計標語募集で「大喜利」状態 総務省職員は……
  2. 宇都宮ピークス 県内最高層マンション完成 /栃木
  3. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  4. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  5. 官兵衛神社、今秋に建立 姫路・地鎮祭に氏子ら100人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです