メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・トップに聞く

  • 辻原俊博・日本下水道事業団理事長

    自治体のソリューションパートナー 清潔なトイレは日本が自慢していいところだろう。それを支えているのが、全国に広がっている下水道の施設だ。しかし、他の公共インフラ…

  • 金田章治・船員災害防止協会専務理事

    高齢化に対応し安全衛生対策に努める 人の移動や物流では、自動車や列車といった輸送手段が目立つ存在だ。しかし、重量でみた輸送の割合で圧倒的な手段が船舶だ。その船舶…

  • 服部剛・輸出入・港湾関連情報処理センター社長

    官民共同のシステムで効率化と迅速化 輸出入には行政機関も含めさまざまな事業者が関わっている。国際物流の効率化のためには、手続きの簡素化が欠かせない。また、システ…

  • 宮原正典 水産研究・教育機構理事長

    漁業の発展のために資源管理を徹底 水産資源の回復と漁業振興をめざした水産改革法が昨年成立した。漁業が成長産業となるには生産性の向上が欠かせない。その核となるのが…

  • 緒方俊則・危険物保安技術協会理事長

    安全性の調査・研究、広報へ業務拡大 相次ぐ災害に備えて燃料の備蓄量を増やしたい。その一方で、危険物の貯蔵には安全性の担保も必要だ。大規模な石油タンクの安全性の点…

  • 金尾健司・水資源機構理事長

    老朽化対策と機能高度化でダム再生 地球温暖化が原因と思われる豪雨の頻度が増している。大きな洪水災害が毎年のように起こっており、治水対策の強化が叫ばれている。一方…

  • 矢代隆義・日本自動車連盟(JAF)会長

    不合理な自動車税制の抜本的改革を 自動運転へ向け新技術の開発が進められ、安全性向上のための新たな機能の搭載が進むなど自動車は利用のあり方が大きく変わろうとしてい…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです