メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

波のまにまに

戸田栄・編集委員が様々な人物を掘り下げ、その「背景」に鋭く切り込みます。

  • 春先に書をひもとく=戸田栄

     春先は頭がふわふわして、なかなかペンが進まない。サクラの開花を待ちながら、「お酒飲む人 花ならつぼみ 今日もさけさけ 明日もさけ」などと、都々逸のざれ言を口ず…

    (2019年3月18日 15:42)

  • 会いたかった大先輩=戸田栄

     会う機会を得られなかったのだが、心に残る重い教えをいただいた毎日新聞の大先輩が亡くなったことを社内報で知った。昨年10月末に97歳で逝去された、長尾文平さんだ…

    (2019年2月18日 16:00)

  • 悲しい唄はいらない=戸田栄

     さざ波に似た調べを三味線は奏でることができる。ゆるりと寄せては引く波に身をゆだねると、体の無駄な力が抜け、うつらうつらとしてしまう。そこへ、不思議な歌詞が始ま…

    (2019年1月7日 16:33)

  • 辺野古に落ちる影=戸田栄

     段ボール箱のような遊びのない、コンクリートの平屋建て。黄みがかかった外壁に、「ITALIAN RESTAURANT」とオレンジ色がはげかけた文字。窓はカーテン…

    (2018年11月26日 16:08)

  • 1987、私の原点=戸田栄

     ラッキーナンバーというでもなく、自分の日常に入り込んでいる数字はないだろうか。私の場合は87で、毎日新聞に入った1987年に由来する。社員番号の一部であり、送…

    (2018年10月29日 16:37)

  • 台風に家居となりて=戸田栄

     子どもの頃から台風とは切っても切れない間柄と、自分のことを思う。台風銀座の高知で育ち、中学、高校時代は来襲すると、ずぶぬれで友だちと海へ自転車を走らせ、すさま…

    (2018年9月10日 15:18)

  • 原爆を語り継ぐ一助に=戸田栄

     広島市発行の被爆70年史がようやく手元に届いた。被爆70年前年の2014年に編さんが始まり、4年がかりで完成。この種の本は難しいのが通り相場だが、「若い人にも…

    (2018年8月13日 15:09)

  • 無名の努力の人に合掌=戸田栄

     前回のこの欄で紹介した、東日本大震災の被災者の面倒をよく見てくれた世話焼きのNさん(74)だが、先月19日、入院から半月で逝ってしまった。末期の胃がんだった。…

    (2018年7月2日 16:11)

  • 彼を待ちましょうよ=戸田栄

     「Nさんから今日、電話のSOSがきて、若い連中が病院へ連れて行った。自宅で動けんようになってたんや。大の病院嫌いやったから、入院したけど一安心やわ」 先週、大…

    (2018年6月4日 16:42)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
  4. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  5. 教祖なき後に 地下鉄サリン事件24年/中 「神格化」警戒は続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです