メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一歩踏み出す勇気

2012年ロンドン五輪ボクシング男子ミドル級金メダリストの村田諒太=帝拳=が5月20日、世界ボクシング協会(WBA)同級王座決定戦に挑む。13年のプロ転向後、初の世界戦に向け「一歩踏み出す勇気」と意気込みを記した村田。王座を獲得すれば、日本選手では五輪メダリスト初の世界王者、22年ぶり2人目の同級王者が誕生する。ミドル級の世界戦の難しさと村田の4年間に焦点を当てる。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア
  3. 安定感増したチェン、2連覇 羽生演技にも動ぜず 世界フィギュア
  4. 宇野、覚悟のフリーも170点台 不完全燃焼
  5. 「跳ぶ使命感」 勝負師・羽生、思い込めた4分間 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです