メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

名王者が語る

世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級タイトルマッチ(15日、島津アリーナ京都)で、同級王者の山中慎介(34)=帝拳=が、同級1位のルイス・ネリ(22)=メキシコ=を相手に、世界王座13連続防衛の男子の日本記録に挑む。1980年に達成した世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級の具志堅用高以来、37年ぶりの快挙がかかる。具志堅さんをはじめ世界に名をとどろかせた元王者3人が記録挑戦の意義や山中の強さを語る。

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

  5. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです