メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

「食」から人々の物語を描きます。

  • ヤツガシラ×東京・羽村 手作りの喜び、次代へ

     昨年暮れ、寒さが深まる畑を掘り進めると、収穫後に保管していたヤツガシラが姿を現した。サトイモの一種で正月料理に使われる縁起物を「天然の貯蔵庫」から出荷すると新…

    (2019年01月13日 03:08)

  • エビフライ×介護の食卓 忘れない、夫の笑顔

     夫が口腔(こうくう)底がんの手術を受けて間もない食事だった。体力を取り戻してほしいのに1時間半かけても食べきれない。諦めた姿を見てつい言ってしまった。「どうし…

    (2018年12月16日 02:48)

  • 親子丼×子どもの居場所 腹いっぱいなら悪させん

     「ばっちゃん、腹減ったあ」。日が暮れるころ、空き店舗を改装した広島市の一室に子どもたちが次々とやって来る。NPO法人「食べて語ろう会」の中本忠子さん(84)ら…

    (2018年11月18日 03:05)

  • カクテル×秋田 友と故郷に贈る一杯

     きりたんぽ鍋を出す郷土料理店の看板に明かりがともる秋田市の歓楽街、川反(かわばた)。風格ある木の扉を開けると、そこには銀座があった。 ボトルが壁一面に並ぶバッ…

    (2018年10月28日 02:50)

  • カツサンド×新宿・歌舞伎町 父と、この街の懐で

     東京・新宿に「歌舞伎町一番街」の赤いネオンがともる頃、老舗とんかつ店「すずや」で弁当箱が二つ用意される。一つにはヒレカツを入れ、もう一つには自家製のソースをな…

    (2018年10月14日 02:51)

  • カツ丼×早稲田 学生街の顔、静かに幕

     客が途切れた夕方、店主の加藤浩志さん(57)が手を止めた。カツ丼も売り切れ、そろそろと考えていた。「のれん入れるか」。7月末、東京・早稲田の老舗そば屋「三朝庵…

    (2018年09月17日 04:02)

  • おにぎり×助産院 出産後の母、包み込む手

     いつからか子育てをめぐる悲しい事件が増えた。でも、お母さんになった瞬間の喜びはいまも変わらない。出産直後に食べたものにも、その記憶が刻まれている。 初夏の空が…

    (2018年08月27日 03:03)

  • カレー×ヒデキのCM 甘口はスターの記憶

     振る舞いの席に食卓のような甘い匂いが広がった。5月に63歳で亡くなり、東京都内で営まれた西城秀樹さんの通夜。すしやお酒と並んだのは長くCM出演したバーモントカ…

    (2018年08月05日 02:44)

  • シリア料理×さいたま 家族と祖国の塩味

     午後6時40分すぎ、スマホのアプリから日没を知らせるアラビア語の声が響いた。さいたま市の静かな住宅街にあるアパート。シリア出身のヨセフ・ジュディさん(34)は…

    (2018年07月22日 02:32)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村屋」が中華まんミュージアムを25日に開館 全国初
  2. ザギトワ選手 再び「まどマギ」魔法少女まどかに メドベージェワ選手がほむらに “金銀コンビ”が日本CM初共演
  3. ORICON NEWS クロちゃん、脳動脈瘤の手術成功「健康を維持しなきゃいけないと思いました!」
  4. 米国 超音速兵器に危機感 中露優勢、迎撃難易度高く
  5. 濃厚ながらもすっきり「カップヌードルみそ味」4月発売

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです