メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

「食」から人々の物語を描きます。

  • カクテル×秋田 友と故郷に贈る一杯

     きりたんぽ鍋を出す郷土料理店の看板に明かりがともる秋田市の歓楽街、川反(かわばた)。風格ある木の扉を開けると、そこには銀座があった。 ボトルが壁一面に並ぶバッ…

    (2018年10月28日 02:50)

  • カツサンド×新宿・歌舞伎町 父と、この街の懐で

     東京・新宿に「歌舞伎町一番街」の赤いネオンがともる頃、老舗とんかつ店「すずや」で弁当箱が二つ用意される。一つにはヒレカツを入れ、もう一つには自家製のソースをな…

    (2018年10月14日 02:51)

  • カツ丼×早稲田 学生街の顔、静かに幕

     客が途切れた夕方、店主の加藤浩志さん(57)が手を止めた。カツ丼も売り切れ、そろそろと考えていた。「のれん入れるか」。7月末、東京・早稲田の老舗そば屋「三朝庵…

    (2018年09月17日 04:02)

  • おにぎり×助産院 出産後の母、包み込む手

     いつからか子育てをめぐる悲しい事件が増えた。でも、お母さんになった瞬間の喜びはいまも変わらない。出産直後に食べたものにも、その記憶が刻まれている。 初夏の空が…

    (2018年08月27日 03:03)

  • カレー×ヒデキのCM 甘口はスターの記憶

     振る舞いの席に食卓のような甘い匂いが広がった。5月に63歳で亡くなり、東京都内で営まれた西城秀樹さんの通夜。すしやお酒と並んだのは長くCM出演したバーモントカ…

    (2018年08月05日 02:44)

  • シリア料理×さいたま 家族と祖国の塩味

     午後6時40分すぎ、スマホのアプリから日没を知らせるアラビア語の声が響いた。さいたま市の静かな住宅街にあるアパート。シリア出身のヨセフ・ジュディさん(34)は…

    (2018年07月22日 02:32)

  • 卵焼き弁当×山谷・まりや食堂 160円がつなぐ命

     簡易宿泊所が並ぶ東京・山谷に小さな弁当屋がある。名前は「まりや食堂」という。 開店前の夕方、教会の1階にある店に白髪交じりの男たちの行列ができる。「いらっしゃ…

    (2018年06月17日 03:08)

  • 平壌冷麺×神戸・長田 4代つなぐ祖国の味

     韓国と北朝鮮の南北首脳会談が行われた4月27日。神戸市灘区の張守基(チャンスギ)さん(36)はこの歴史的瞬間を見逃すまいとスマートフォンの実況中継に目を凝らし…

    (2018年06月10日 02:50)

  • おしるこ×K-1リング あきらめない夫婦、前へ

     夢のリングにたどり着いた。3月21日、さいたまスーパーアリーナで開かれたK-1スーパー・フェザー級王座を決めるトーナメント。郷州征宜(ごうしゅうまさのぶ)選手…

    (2018年05月20日 02:33)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです