メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・特選掘り出し!

  • サタンタンゴ 今も響く世界への警鐘

     映画史上には“伝説の映画”と称される作品がいくつもあるが、ハンガリーの鬼才タル・ベーラが1994年に発表した本作は、そのうたい文句に掛け値なし。全12章構成、…

  • 台風家族 先読みできない相続争い

     空き家となった実家で両親の葬儀を営むために、小鉄(草彅剛)が妻子を連れてやって来た。といっても、ひつぎは空。父親は10年前に銀行から2000万円を奪い母親と逃…

  • ドッグマン あぶり出す弱さ、切なさ

     共感を誘うストーリーや人物が描かれるわけではなく、のみ込みやすいテーマもきらびやかな映像美もない。むしろ不可解で奇妙な場面の連続なのだが、なぜか目が離せず引き…

  • JKエレジー 大人を見限り一人反撃

     働かない父親と兄と暮らす高校3年のココアは、生活費のためにマニア向けビデオに出演していた。貧困ゆえに進学は諦めていたが、奨学金を得て国立大学を目指す道を知り、…

  • 隣の影 平凡な家族、暴走する悪意

     物語の題材は、どこの国でも起こりうる隣人同士のトラブル。平凡なふたつの家族がささいなことからお互いに不満を抱き、どんどん対立を激化させていく。ただそれだけの小…

  • ゴールデン・リバー 夢と欲望 行き着く果て

     ブッカー賞候補になったパトリック・デウィットの小説「シスターズ・ブラザーズ」の映画化だ。ゴールドラッシュ時代の米西部。殺し屋の兄弟(ジョン・C・ライリー、ホア…

  • アマンダと僕 テロ遺族、喪失の悲しみ

     無差別テロのような凶悪犯罪は、市民の平穏な日常を根こそぎ破壊する。昨年の東京国際映画祭でグランプリと脚本賞を受賞したこのフランス映画は、ある日突然、テロの被害…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  3. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  4. 明石市が養育費「泣き寝入り」救済条例を検討 市が支払いを命じ、従わない場合は氏名公表も

  5. 千葉大 年間授業料10万円引き上げ 20年度入学から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです