メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・特選掘り出し!

  • ロマンスドール 絶望と孤独、温かさの中で

     ラブドールの職人の話だが、性具だからと敬遠しないでほしい。映画は純度の高いラブストーリーで、どこにでもいそうな少し格好悪い男女の愛を感じるお話だ。 フリーター…

  • ラストムービー 風雲児、今も印象深く

     初監督し出演した「イージー・ライダー」で成功した故デニス・ホッパーの監督2作目。1971年に製作された快作のデジタルリマスター版。先進国の文化が辺境の地で思わ…

  • リンドグレーン 若き日々 たぐり寄せた光

     「長くつ下のピッピ」などで知られるアストリッド・リンドグレーンは、日本でも広く親しまれている児童文学作家だ。北欧の自然に育まれ、躍動する子供たちを描いたリンド…

  • 影踏み 謎と幻想に引き込まれ

     原作を読んでから映画を見るのも楽しいが、この映画は読む前に見た方が楽しめるかもしれない。 横山秀夫の同名小説を映画化した。真壁修一(山崎まさよし)はプロの窃盗…

  • わたしの叔父さん 温かな情、そこはかとなく

     5日閉幕した「第32回東京国際映画祭」で、最高賞の東京グランプリを受賞したデンマーク映画。多彩なコンペティション部門の14作のうち、欧州らしい落ち着いた人間ド…

  • サラブレッド 心の闇と欠落、奇妙な友情

     「レディ・プレイヤー1」のオリヴィア・クックと「スプリット」のアニャ・テイラー・ジョイ。ハリウッドの売れっ子若手女優2人の共演作だが、中身はかなり異端的で刺激…

  • 見えない目撃者 消える少女に現実味

     元ネタは2011年の韓国映画「ブラインド」。しかし単なるリメークではない。スタッフ&キャストの確固たる信念が感じられるクライム・スリラーの秀作だ。 自らが運転…

  • サタンタンゴ 今も響く世界への警鐘

     映画史上には“伝説の映画”と称される作品がいくつもあるが、ハンガリーの鬼才タル・ベーラが1994年に発表した本作は、そのうたい文句に掛け値なし。全12章構成、…

  • 台風家族 先読みできない相続争い

     空き家となった実家で両親の葬儀を営むために、小鉄(草彅剛)が妻子を連れてやって来た。といっても、ひつぎは空。父親は10年前に銀行から2000万円を奪い母親と逃…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

  5. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです