メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台裏へようこそ

「舞台裏へようこそ」は、公演や製作現場を支えるプロの仕事を紹介します。

  • 前座 柳家緑助

     ◇「二度とできない」誇り持ち 「前座のいない寄席」とかけて「つぶれてしまったネジ山」と解く。そのこころは「とてもじゃないが回りません」--。 冒頭から記者の下…

    (2018年10月16日 13:02)

  • 合唱指揮者 三澤洋史

     ◇オペラを支える調整役 「『エス・レーベ』は、イタリア語の『ビバ』。命永かれ……日本で言う『万歳』で、権力者をたたえる表現は万国共通だね。つまり、ここの歌詞は…

    (2018年09月18日 12:30)

  • 照明プランナー 池田智哉

     ◇古典歌舞伎は影を少なく 初日を控え、俳優も観客もいない東京・歌舞伎座の場内に、スタッフに指示を下す低音で迫力のある池田智哉の声が響きわたる。舞台に本番さなが…

    (2018年08月21日 12:58)

  • 舞台美術家 堀尾幸男

     ◇あらゆるジャンルに挑戦 4月に東京・日生劇場で上演されたミュージカル「リトル・ナイト・ミュージック」。アイスグリーンと白を基調としたセットが、海底を思い起こ…

    (2018年07月24日 15:01)

  • 振付家 名倉加代子

     ◇香り立たせるイメージ ダイナミックでスピード感にあふれるステージは、ダンスファンのみならず多くの観客を魅了してきた。ジャズダンスの第一人者で、日本を代表する…

    (2018年06月19日 12:42)

  • 上方落語の寄席三味線 大川貴子

     ◇噺家の理想、音で表現 大阪市にある「動楽亭」は桂米朝一門の総領、桂ざこばが席亭を務める寄席。毎月1~20日には、日替わりの出演者による昼席が開催される。4月…

    (2018年05月08日 13:10)

  • バレエピアニスト 滝澤志野

     ◇舞踊と音楽をつなぐ 芸術の女神が生んだ双子のような「舞踊」と「音楽」。バレエピアニストは両者を「深いところでつなぐ」仕事だと、滝澤志野は言う。 職場は、ウィ…

    (2018年04月24日 12:46)

  • 狂言作者 竹柴正二

     ◇芝居の全てを円滑に 明治までの狂言作者は実際に歌舞伎の劇作を担当したが、現代では上演台本の管理など舞台進行を円滑に進めるのが主たる仕事。東京には12人の狂言…

    (2018年03月14日 12:59)

  • 衣装デザイナー 前田文子

     ◇一目で伝える人物像 昨秋、バレエ界は二つの大作誕生に沸いた。Kバレエカンパニーの「クレオパトラ」と、新国立劇場バレエ団「くるみ割り人形」。双方に関わったのが…

    (2018年02月14日 15:09)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 救命 4階から中2飛び降り、対応の女性教諭に当たりけが
  2. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  3. ORICON NEWS 田代まさし、約10年ぶりトーク番組出演 全盛期の年収&現在の月収を告白
  4. ORICON NEWS 福原愛さん、メディアへの惜しみない感謝 最後は報道陣と記念撮影
  5. 暴言 特別支援学級で女性教諭、生徒に「殺したろか」京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです