メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台裏へようこそ

  • 上方落語の寄席三味線 大川貴子

     ◇噺家の理想、音で表現 大阪市にある「動楽亭」は桂米朝一門の総領、桂ざこばが席亭を務める寄席。毎月1~20日には、日替わりの出演者による昼席が開催される。4月…

    (2018年05月08日 13:10)

  • バレエピアニスト 滝澤志野

     ◇舞踊と音楽をつなぐ 芸術の女神が生んだ双子のような「舞踊」と「音楽」。バレエピアニストは両者を「深いところでつなぐ」仕事だと、滝澤志野は言う。 職場は、ウィ…

    (2018年04月24日 12:46)

  • 狂言作者 竹柴正二

     ◇芝居の全てを円滑に 明治までの狂言作者は実際に歌舞伎の劇作を担当したが、現代では上演台本の管理など舞台進行を円滑に進めるのが主たる仕事。東京には12人の狂言…

    (2018年03月14日 12:59)

  • 衣装デザイナー 前田文子

     ◇一目で伝える人物像 昨秋、バレエ界は二つの大作誕生に沸いた。Kバレエカンパニーの「クレオパトラ」と、新国立劇場バレエ団「くるみ割り人形」。双方に関わったのが…

    (2018年02月14日 15:09)

  • 寄席文字 橘右橘

     ◇一筆に盛況願い まねきや大看板、高座のめくり--。寄席や落語会に足を運ぶと、出演者の名前が太くくっきりと書かれた独特の文字に目を奪われるはず。歌舞伎の勘亭流…

    (2018年01月17日 15:14)

  • 舞台照明 沢田祐二

     ◇劇のうねり、光と影で 劇空間の創造に欠かせない舞台照明。沢田祐二はその第一人者として、演劇、ミュージカル、オペラ、バレエと幅広いジャンルで照明デザインを手が…

    (2017年11月8日 15:03)

  • 歌舞伎音楽の作調 田中傳左衛門

     ◇奏者と一体で音を構成 歌舞伎は伝統芸能だが、古典だけが上演されるわけではない。新作や長く上演されなかった作品の復活の際に、どの場面にどんな音楽を入れるのか。…

    (2017年10月11日 15:07)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  2. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  3. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  4. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  5. 大阪震度6弱 震源はひずみ集中帯 水平、垂直ずれ同時に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです