メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長官鳥瞰

「鳥瞰(ちょうかん)」とは空を飛ぶ鳥のように全体を大きく眺め渡すという意味です。1988年ソウル五輪競泳男子100メートル背泳ぎの金メダリストであり、海外留学経験も豊富な鈴木長官が、幅広い視野で2020年東京五輪・パラリンピックに向けたスポーツ界を展望します。

  • ユース五輪、役割変化=鈴木大地

     1月9~22日にスイスのローザンヌで開かれた第3回冬季ユース五輪を視察した。スポーツ庁長官就任前を含め、ユース五輪の視察は夏季、冬季大会合わせて4回目になる。…

  • 大会支えた地方の力=鈴木大地

     ハンドボール女子の世界選手権が11月30日から12月15日の16日間、熊本県で開催された。ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の成功は誰もが認めるところだ…

  • 禁止薬物「下限値」必要=鈴木大地

     アスリートが禁止薬物を使用するドーピング問題が猛威を振るっている。国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は今月、遺伝子操作の技術を用いた「遺伝…

  • 釜石、ラグビーと共に=鈴木大地

     アジアで初となるラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会が盛り上がっている。9月28日には日本が優勝候補のアイルランドを破り、スポーツ界のみならず日本全体に勇…

  • 成長期の選手のために=鈴木大地

     甲子園では夏の高校野球が行われている。高校生がひたむきに白球を追う姿を見て大いに勇気をもらい、感動をともにしている一人だ。スポーツのよさを春と夏に届けてくれる…

  • キューバのスポーツ観=鈴木大地

     2020年東京五輪は20日で開幕400日前を迎える。多くの見どころがあるが、3大会ぶりに復活する野球に期待している人も多いだろう。野球が正式競技として実施され…

  • キューバのスポーツ観=鈴木大地

     2020年東京五輪は20日で開幕400日前を迎える。多くの見どころがあるが、3大会ぶりに復活する野球に期待している人も多いだろう。野球が正式競技として実施され…

  • 小出さん 教壇でも熱く=鈴木大地

     2000年シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さんらを育てた名指導者の小出義雄さんが4月24日に亡くなった。「まだお若いのに」と思ったが、80歳だっ…

  • 地方密着 スポーツ交流=鈴木大地

     中央官庁や地方自治体には「パブリックコメント」という意見公募制度がある。通称「パブコメ」。通常は素案などを策定した後に行うのが一般的だが、スポーツ庁ではまっさ…

  • けが防ぐ環境づくりを=鈴木大地

     今月はトップアスリートの引退が相次いだ。レスリング女子で五輪3連覇を達成し、国民栄誉賞を受賞した吉田沙保里さんに続き、19年ぶりとなる日本出身の横綱だった稀勢…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです