メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長官鳥瞰

「鳥瞰(ちょうかん)」とは空を飛ぶ鳥のように全体を大きく眺め渡すという意味です。1988年ソウル五輪競泳男子100メートル背泳ぎの金メダリストであり、海外留学経験も豊富な鈴木長官が、幅広い視野で2020年東京五輪・パラリンピックに向けたスポーツ界を展望します。

  • キューバのスポーツ観=鈴木大地

     2020年東京五輪は20日で開幕400日前を迎える。多くの見どころがあるが、3大会ぶりに復活する野球に期待している人も多いだろう。野球が正式競技として実施され…

    (2019年6月16日 02:11)

  • キューバのスポーツ観=鈴木大地

     2020年東京五輪は20日で開幕400日前を迎える。多くの見どころがあるが、3大会ぶりに復活する野球に期待している人も多いだろう。野球が正式競技として実施され…

    (2019年6月14日 15:55)

  • 小出さん 教壇でも熱く=鈴木大地

     2000年シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さんらを育てた名指導者の小出義雄さんが4月24日に亡くなった。「まだお若いのに」と思ったが、80歳だっ…

    (2019年5月2日 02:27)

  • 地方密着 スポーツ交流=鈴木大地

     中央官庁や地方自治体には「パブリックコメント」という意見公募制度がある。通称「パブコメ」。通常は素案などを策定した後に行うのが一般的だが、スポーツ庁ではまっさ…

    (2019年3月6日 02:44)

  • けが防ぐ環境づくりを=鈴木大地

     今月はトップアスリートの引退が相次いだ。レスリング女子で五輪3連覇を達成し、国民栄誉賞を受賞した吉田沙保里さんに続き、19年ぶりとなる日本出身の横綱だった稀勢…

    (2019年1月19日 02:43)

  • 大学スポーツの夜明け=鈴木大地

     野球に駅伝、ラグビー。私は学生スポーツには大きな力があると確信している。だが、これまでは中学校や高校にはスポーツの統括団体があったものの、大学にはなかった。 …

    (2018年12月9日 02:49)

  • 若者がひらく新競技=鈴木大地

     日本人としてうれしく、誇らしい「対面」だった。今月、ユース五輪の激励、視察などで南米諸国を訪れた。そのうちの1カ所、ペルーのナショナルトレーニングセンター(N…

    (2018年10月27日 02:59)

  • アジア大会 五輪に弾み=鈴木大地

     インドネシアのジャカルタとパレンバンで行われていた第18回アジア大会が2日に閉幕した。日本選手団が獲得した金メダル数は、前回大会の47個から75個へと大幅に増…

    (2018年09月14日 03:13)

  • 五輪施設、新しく活用=鈴木大地

     近代五輪発祥の地であるギリシャ。2004年に夏季五輪が行われたアテネの競技会場は現在使われておらず、荒廃しているという話を聞いていた。だが先日、現地を訪れてみ…

    (2018年8月2日 03:07)

  • 立ち直った姿にエール=鈴木大地

     アメリカンフットボールで日大選手が関学大選手に悪質なタックルをした問題は、日大選手が自ら記者会見する事態に発展した。状況が刻々と変化しているので詳しい言及は避…

    (2018年5月29日 03:19)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです