メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気になる!保育所

保育所を巡る情報、ご意見を募ります。疑問、お悩み、何でもお寄せください。


 いくつものハードルを乗り越え、やっと保育所に子どもを預けられる時代です。でも、実はよく知らないこと、ないですか? さまざまな切り口で現場から報告します。保育のあり方を、みんなで考えてみませんか。まずは「戸惑うようなルール」から--。

  • 「企業主導型」見直し急務

     国が待機児童対策の切り札として始めた「企業主導型保育所」の運用が見直されている。背景には、制度開始からわずか2年で定員割れや休園といったトラブルが相次いで表面…

    (2019年01月25日 02:07)

  • おむつ処分 予算がない?

     保育所に通う子どもたちの使用済み紙おむつを、どう処分するか。再利用する布おむつが主流だった時代からの流れで、保護者に持ち帰りを求める施設は多いが、最近は衛生面…

    (2018年07月23日 02:03)

  • 希望者>増設 待機児童なお

     全国で認可保育所の入所可否が判明した。自治体は保育の受け皿拡大に懸命だが、入所希望者は年々増加。より入りやすい地域へ引っ越しをしたり、働き方を変えたりと、保護…

    (2018年03月18日 02:12)

  • 職場に併設 深夜もOK

     企業や法人が従業員向けに開設する保育所が注目されている。親たちにとって苦しい保育所探しを避けられるだけでなく、仕事と子育ての両立がしやすくなるメリットもある。…

    (2018年03月01日 02:05)

  • ヒント求めて25カ国

     「望ましい保育とは何だろう」。東京都大田区の保育士、久保田修平さん(33)は、保育所で働くうちに「子どもの主体性がないがしろにされている」と感じるようになった…

    (2018年01月20日 02:04)

  • 「保活」仁義なき競争

     子どもを認可保育所に預けるための「保活」シーズンがピークだ。毎年のように変わる複雑な基準に戸惑い、悩む人たちが続出する。2万6000人超という待機児童が解消さ…

    (2017年12月09日 02:05)

  • 戸惑うルール、悩む親

     いくつものハードルを乗り越え、やっと保育所に子どもを預けられる時代です。でも、実はよく知らないこと、ないですか? さまざまな切り口で現場から報告します。保育の…

    (2017年11月11日 02:04)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 外国人保育施設「無償化から外れる?」 保護者ら不安、母語での保育「貴重」
  3. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県
  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警
  5. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです