メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上海列車事故 29年後の真実

中国・上海で1988年3月24日、高知学芸高校の修学旅行生らを乗せた列車が対向列車と正面衝突し、生徒ら29人が死亡した事故。29年後の真実を以下の構成であぶり出す。第1章「失われた現場の記憶」▽第2章「事故原因、疑問点相次ぐ」▽第3章「難航極めた補償交渉」▽第4章「学芸高への不信募る」▽第5章「『永遠の碑』3人の名前無く」

  • 第3章<3> 日中の「橋渡し役」を期待され……

     上海列車事故の直後、当事者は混乱の極みだった。 政治家や官僚は事態をどう収拾すればよいか、それぞれの思惑を働かせる。同時に、この問題が日中関係の火種にならない…

    (2017年12月11日 04:00)

  • 第3章<2> 異例の医師団派遣

     上海列車事故の発生を受けて現地に乗り込んだ外務政務次官、浜田卓二郎の思いとは裏腹に、同じ時期、外務省に対して一部で強い不満の声が上がっていた。 「上海に行って…

    (2017年12月10日 04:01)

  • 第3章<1> 「このひつぎ、何とかなりませんか」

     「保護者の方からね、『このひつぎだけは何とかなりませんか』と言われたんですよ。なんかね、非常にごついもの。ドラキュラが入るようなイメージのひつぎなんですね。し…

    (2017年12月09日 04:00)

  • 第2章<8> その資料は公開情報の中に

     311号列車の元運転助手、劉国隆との連絡が絶たれ、事故原因の追及をあきらめかけていたころだった。 2016年暮れ、北京市内の図書館で資料をくっていると、ある記…

    (2017年12月01日 04:00)

  • 第2章<7> 「お前は何者だ!」

     街全体にキンモクセイの匂いが立ち込めている。湿度も高く、場所によっては、ヨーロッパの風景を思わせる。 2016年10月7日、私は中国浙江省杭州にいた。 雨の西…

    (2017年11月30日 04:00)

  • 第2章<6> 「私は刑期満了となりました」

     中国はインターネット社会である。当局の監視が年々厳しくなる一方で、中国のタブーに引っかからない情報に関しては総量が幾何級数的に増えている。私は中国のネット上で…

    (2017年11月29日 04:00)

  • 第2章<5> 「僥倖心理が事故を導いた」

     私は遺族とともに、もやもやとした気持ちを抱きながら、この事故原因の真相を究明するため、関係者を探した。 まず、判決文に書かれてあった人物を探した。だが、この作…

    (2017年11月28日 04:00)

  • 第2章<4> 「ものすごく急いだ」裁判

     中国当局はなぜ、事故原因を「ブレーキ故障」から一転、「運転手の信号見落とし」に変更したのか。しかも事故調査は短期間で済まされている。遺族が抱いた疑問点は大きく…

    (2017年11月27日 04:00)

  • 第2章<3> おざなりな事故説明会

     中国当局が作成した「3・24列車事故の調査報告書」は1988年5月15日、中国からの弔問団(団長=韓杼濱・上海鉄路局長)が高知県を訪問した際、遺族側に手渡され…

    (2017年11月26日 04:00)

  • 第2章<2> 中国当局、情報を完全に管理

     手元に「調査指導グループ」「調査専門グループ」の二つの組織がまとめた「3・24列車事故の調査報告書」(1988年4月2日付)がある。A4判用紙で2枚。高知県文…

    (2017年11月25日 04:00)

  • 第2章<1> 打ち消されたブレーキ不良説

     上海列車事故の原因は運転手の信号見落としである--これが、中国が日本側に伝えた公式見解である。だが、本当にこれをうのみにしてよいのだろうか。これが、私がこの事…

    (2017年11月24日 04:00)

  • 第1章<7> 現場の慰霊碑「人民が嫌がる」

     地名で言えば、上海市嘉定区匡巷となる。「匡巷」の表示のある付近は今、大型の高層マンション群が建ち並ぶ、あるいは建設中だ。私は折に触れ、匡巷を訪れてきた。以下は…

    (2017年11月23日 04:00)

  • 第1章<6> 「10代の顔にシワはない」と念じて

     浦東・陸家嘴の高層ビル街では毎夜、七色の光が飛び交う。その対岸の外灘(バンド)には租界時代の雰囲気が残り、オールドジャズが似合う。それなりにおしゃれで、それな…

    (2017年11月22日 04:00)

  • 第1章<5> 「腰が痛くなると、事故を思い出す」

     上海列車事故では、1人だけ中国人の死者がいる。だが、日本はおろか中国でも、その犠牲者のことはあまり報じられていない。比較的詳しかったのは、上海紙の「新民晩報」…

    (2017年11月21日 04:00)

  • 第1章<4> 事故から1日がかり、全員の安否判明

     遺族が集めた上海列車事故に関する映像は「上海的不眠之夜」以外にも、発生当時の日本のテレビ各局による報道の録画など、合わせて20時間以上に及ぶ。 順に再生すると…

    (2017年11月20日 04:00)

  • 第1章<3> 「外事無小事」懸命の救助

     上海市の人口は2015年末で約2400万人。1988年当時は約1300万人。改革開放路線も軌道に乗ってビルや家屋の建築ラッシュが進み、いたるところで道路の拡張…

    (2017年11月19日 04:00)

  • 第1章<2> 「ドドーン」と地鳴りのような音

     高知学芸高校の上海修学旅行の引率教諭、坂本和幸が撮影した映像には、事故前の311号列車の様子が収められている。 4人掛けで向かい合わせに座る生徒たち。シートは…

    (2017年11月18日 04:00)

  • 第1章<1> 映像に記録された凄惨な場面

     上海--中国経済の中心都市である。新しいビルが次々と空に向かって伸び、人やモノが高速鉄道網の上を時速数百キロで移動している。なのに、私の頭の中は、いまだ「列車…

    (2017年11月17日 04:00)

  • ことば 上海列車事故

     ◇上海列車事故 1988年3月24日、上海市郊外で、南京(江蘇省)発杭州(浙江省)行き列車が、単線区間を対向してきた長沙(湖南省)発上海行き列車と正面衝突した…

    (2017年11月17日 03:35)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 木村文乃 錦戸亮の“福毛”発見「気になって仕方ない」
  2. 兵庫・葬儀会社 男児解剖遺体 頭部にコンビニ袋
  3. 米国 上院補選、民主勝利 共和、地盤崩れる セクハラ直撃「番狂わせ」
  4. 都立高入試 話す英語、全国初の公立義務化 検定団体協力
  5. 感謝状 郵便局員が詐欺防ぐ 「お菓子と書け」実はカード

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです