メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンの食卓

食育の推進がいわれる一方、偏った栄養、朝食離れ、貧困など子どもを取り巻く食の現状は複雑化している。育ちの現場の今を報告する。

  • 第5部 未来へ/6止 完全食、広がる選択肢

     ●必要な栄養素全て トマトソースパスタや焼きそば、巻きずし……。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上に、さまざまな形の茶色いパスタの写真が投稿さ…

  • 第5部 未来へ/4 次代に残したい、在来作物

     ●慎重に種選び 「種を残すのにふさわしいのは、弓なりになっていて、付け根がくびれているもの」。山形県鶴岡市で農業を営む畑山丑之助(うしのすけ)さん(88)が、…

  • 第5部 未来へ/3 満足、フェイクミート

     ●進化する代替食品 外国人観光客らが行き交う東京の新宿・歌舞伎町。10月末にオープンしたハンバーガー屋「SHOGUN BURGER」を訪れると、入り口にベジタ…

  • 第5部 未来へ/3 満足、フェイクミート

     ●進化する代替食品 外国人観光客らが行き交う東京の新宿・歌舞伎町。10月末にオープンしたハンバーガー屋「SHOGUN BURGER」を訪れると、入り口にベジタ…

  • 第5部 未来へ/2 日本食求め世界から

     ●料理体験が好評 卵焼き器に溶き卵を加え、半熟になったら手前に巻く。慣れない菜箸を使って繰り返すと、ふっくらした卵焼きができあがった。米国から来た5人が歓声を…

  • 第5部 未来へ/1 マイク片手に「介護食」

     ●安心なスナック 天井からつるされたミラーボールが、光を反射しながらくるくると回る。マイクを手にした男性がカラオケで熱唱するのは、三橋美智也の「古城」。テーブ…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 再選択2020~私の見方 東京一極集中は「けったくそ悪い」 漫才師・西川のりおさん 大阪都構想住民投票

  5. 毎日新聞に「嵐」の二宮さん iPhone広告で全国紙5紙に1人ずつ掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです