メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

強制不妊手術

  • 宮城で男性2人が12月に提訴方針

     旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制されたとして、宮城県内の70代と80代の男性2人が国に損害賠償を求め、12月17日に仙台地裁へ提訴する方針を…

  • 被害者の会、年内設立へ 提訴の原告ら

     旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制され、国に損害賠償を求めて全国で提訴した原告らが、被害者の会を年内に設立する。与党のワーキングチーム(WT)…

  • おわび主体は「我々」超党派議連が法案骨子

     旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を受けた障害者らへの議員立法による救済策を検討している超党派の議員連盟は7日、法案の骨子を発表した。対象者や一時金…

  • 救済策「もっと声聞いて」被害者らと隔たり

     旧優生保護法下で不妊手術を強いられた障害者らへの救済策を検討している政府・与党のワーキングチーム(WT)は31日、救済法案の基本方針をまとめた。しかし被害者や…

  • 被害者判定などで要望書 市民団体

     旧優生保護法の人権侵害を20年以上にわたって告発してきた市民団体「優生手術に対する謝罪を求める会」は30日、政府・与党ワーキングチーム(WT)と超党派議連に対…

  • 記録新たに1600人分 市町村対象調査

     旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らに不妊手術が繰り返された問題で、厚生労働省が全国の福祉施設や医療機関、市町村を対象に調査した結果、手術の申請書やカ…

  • 与党WT、被害弁護団と初面会へ 救済策で

     旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らに不妊手術が繰り返された問題で、救済策を検討している自民、公明両党のワーキングチーム(WT)は17日、全国被害弁護…

  • 手話で怒り、悲しみ 兵庫夫婦が「声」上げ

     ◇神戸地裁に提訴した2組の夫婦 「聞こえる人間も、聞こえない人間も対等です」--。旧優生保護法(1948~96年)に関する一連の国家賠償請求訴訟で初めて、聴覚…

  • 「これが真の公開法廷」傍聴拡大 札幌地裁

     ◇慰謝料求めた訴訟第1回口頭弁論 弁護団「大きな一歩だ」 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制されたとして、札幌市の小島喜久夫さん(77)が国に…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 千曲川決壊、過去最大の水量による水圧 越水も重なる 台風19号

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです