メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

銭湯百景

後継者不足や経営難で廃業が相次ぐものの、銭湯は昔も今も地域のコミュニケーション拠点。身も心も解きほぐし、人間関係を紡ぎ直せる場所だ。各地の銭湯をめぐり、地域の人や物語を紹介する。

  • /8 街の空気感、設計に生かし

     高い天井に、たくさんのカランやタイル。銭湯の空間は独特で、特殊な建物だ。子どもからお年寄りまであらゆる世代を対象にした施設であるがゆえの難しさもある。店の個性…

    (2018年08月31日 02:03)

  • /7 薩摩島津家の歴史感じて

     鹿児島県指宿市に、江戸時代に薩摩藩を治めていた島津家の別荘跡で営業する銭湯がある。建物裏に現存する殿様専用の風呂跡は1971年に市指定文化財に登録された。当時…

    (2018年07月29日 02:07)

  • /6 受け継がれるペンキ絵

     <くらしナビ ライフスタイル> 銭湯の浴場の壁にペンキで描かれている富士山や湖の絵。広い湯船につかりながら眺める壮大な「景色」は、多くの人を楽しませてきた。現…

    (2018年06月30日 02:03)

  • /5 潮風香る漁師の「港」

     <くらしナビ ライフスタイル> 愛知との県境に位置する静岡県湖西(こさい)市新居町の「みどり湯」は、市内唯一の銭湯で、漁港の町ならではの風情がある。高齢の夫婦…

    (2018年05月31日 02:03)

  • /4 タイルに映る家族の力

     <くらしナビ ライフスタイル> 神奈川県鎌倉市材木座の「清水湯」は、旧鎌倉市街地で唯一の銭湯。近代日本の代表画家、黒田清輝のアトリエ跡地に建つ瓦屋根の建物は、…

    (2018年04月29日 02:02)

  • /3 仲間を集め商売に育てる

     <くらしナビ ライフスタイル> バンドマンとお笑い芸人の2人が番頭を務める銭湯が、埼玉県川口市にある。異色の若者コンビが「喜楽湯」を運営し始めて2年。客は1・…

    (2018年03月31日 02:21)

  • /2 人とつながり心救われる

     <くらしナビ ライフスタイル> 風呂なしアパートに住み、銭湯のある暮らしを体験するプロジェクト「銭湯ぐらし」が、東京都杉並区の「小杉湯」の隣で繰り広げられた。…

    (2018年02月28日 02:01)

  • /1 背中流し「三助」復活の動き

     <くらしナビ ライフスタイル> 江戸時代から銭湯には客の背中を流す従業員、いわゆる「三助(さんすけ)」がいた。釜たきや温度調整を担う番頭たちが、銭湯の裏方仕事…

    (2018年01月31日 02:21)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  2. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 宮城県警 交番で警官刺され死亡、男撃たれ死亡 仙台

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです