メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

銭湯百景

後継者不足や経営難で廃業が相次ぐものの、銭湯は昔も今も地域のコミュニケーション拠点。身も心も解きほぐし、人間関係を紡ぎ直せる場所だ。各地の銭湯をめぐり、地域の人や物語を紹介する。

  • /12 母から継ぐ雪国の温かさ

     新潟県内の銭湯で最も古い歴史を持つ「千代乃湯」(新潟市中央区)は、江戸時代から続く老舗だ。8代目の林恭弘さん(59)は母親を介護しながら営業してきたが、今月、…

    (2018年12月31日 02:02)

  • /11 身も心も温める魔法を

     <くらしナビ ライフスタイル> まもなく「平成」が終わろうとしているなか、東京都中野区に、マジックショーが見られる「昭和浴場」という銭湯がある。3代目の田島純…

    (2018年11月30日 02:03)

  • /10 昔懐かし 丸い脱衣籠

     <くらしナビ ライフスタイル> 昔はどこの銭湯にもあった籐(とう)の脱衣籠。最近はロッカーの普及で置かない店も多いが、今でも銭湯の脱衣籠を作っている職人がいる…

    (2018年10月31日 02:04)

  • /9 70歳で始めた「集いの場」

     70歳にして銭湯経営に挑戦--。大分県国東市の梛野(なぎの)悦子さん(75)は、5年前「みんなの集いの場になったら」と、所有する自宅隣の縫製工場の建物を改築。…

    (2018年09月30日 02:04)

  • /8 街の空気感、設計に生かし

     高い天井に、たくさんのカランやタイル。銭湯の空間は独特で、特殊な建物だ。子どもからお年寄りまであらゆる世代を対象にした施設であるがゆえの難しさもある。店の個性…

    (2018年08月31日 02:03)

  • /7 薩摩島津家の歴史感じて

     鹿児島県指宿市に、江戸時代に薩摩藩を治めていた島津家の別荘跡で営業する銭湯がある。建物裏に現存する殿様専用の風呂跡は1971年に市指定文化財に登録された。当時…

    (2018年07月29日 02:07)

  • /6 受け継がれるペンキ絵

     <くらしナビ ライフスタイル> 銭湯の浴場の壁にペンキで描かれている富士山や湖の絵。広い湯船につかりながら眺める壮大な「景色」は、多くの人を楽しませてきた。現…

    (2018年06月30日 02:03)

  • /5 潮風香る漁師の「港」

     <くらしナビ ライフスタイル> 愛知との県境に位置する静岡県湖西(こさい)市新居町の「みどり湯」は、市内唯一の銭湯で、漁港の町ならではの風情がある。高齢の夫婦…

    (2018年05月31日 02:03)

  • /4 タイルに映る家族の力

     <くらしナビ ライフスタイル> 神奈川県鎌倉市材木座の「清水湯」は、旧鎌倉市街地で唯一の銭湯。近代日本の代表画家、黒田清輝のアトリエ跡地に建つ瓦屋根の建物は、…

    (2018年04月29日 02:02)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  2. 「ご説明したい」小室圭さん見解全文
  3. 特集ワイド 国会は「死んだ」のか 議論省略の安倍「全能」政権
  4. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  5. 北海道のベトナム人実習生21人解雇の恐れ 愛知の青果卸売会社

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです