メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奪われた私・旧優生保護法を問う

旧優生保護法下の強制不妊手術を巡り、国に損害賠償を求める裁判が始まる。1996年、国は障害者差別にあたるとして法律を改正したものの、実態調査や被害補償は行ってこなかった。取り返しがつかない傷を負い、生き方を選ぶ権利を奪われた人々の声なき声は届くのか。そしてこの法律は、今の社会に何をもたらしたのか。

  • /下 自分の人生を生きたい

     <くらしナビ ライフスタイル> 優生保護法は1996年、母体保護法に改正され、法に定められた強制不妊手術はなくなったことになっている。しかし、私たちは自分の意…

    (2018年03月25日 02:22)

  • /中 「不良な子孫」に異議

     <くらしナビ ライフスタイル> 国賠訴訟を機に、被害補償のあり方を検討する議員連盟発足、厚生労働省の実態調査と、事態が急展開している。これを手放しで歓迎してい…

    (2018年03月24日 02:03)

  • /上 ずさんな審査で不妊手術

     <くらしナビ ライフスタイル> 旧優生保護法下の強制不妊手術を巡り、国に損害賠償を求める裁判が28日、始まる。1996年、国は障害者差別にあたるとして法律を改…

    (2018年03月23日 02:03)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  3. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で
  4. 唐沢寿明 “充電旅”再び! 出川哲朗と軽井沢へ きょう放送
  5. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです