メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奪われた私・旧優生保護法を問う

旧優生保護法下の強制不妊手術を巡り、国に損害賠償を求める裁判が始まる。1996年、国は障害者差別にあたるとして法律を改正したものの、実態調査や被害補償は行ってこなかった。取り返しがつかない傷を負い、生き方を選ぶ権利を奪われた人々の声なき声は届くのか。そしてこの法律は、今の社会に何をもたらしたのか。

  • /下 自分の人生を生きたい

     <くらしナビ ライフスタイル> 優生保護法は1996年、母体保護法に改正され、法に定められた強制不妊手術はなくなったことになっている。しかし、私たちは自分の意…

  • /中 「不良な子孫」に異議

     <くらしナビ ライフスタイル> 国賠訴訟を機に、被害補償のあり方を検討する議員連盟発足、厚生労働省の実態調査と、事態が急展開している。これを手放しで歓迎してい…

  • /上 ずさんな審査で不妊手術

     <くらしナビ ライフスタイル> 旧優生保護法下の強制不妊手術を巡り、国に損害賠償を求める裁判が28日、始まる。1996年、国は障害者差別にあたるとして法律を改…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 「このままでは核兵器はなくならない」 ジャパネット創業者が「伝える」核廃絶と平和

  3. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  5. 遺体引き渡しミス 「死んだ夫」ひょっこり 警視庁亀有署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです