メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週のNHK連続テレビ小説

  • エール

     (新番組) 1909(明治42)年。福島県有数の老舗呉服屋「喜多一」の4代目、古山三郎(唐沢寿明)とまさ(菊池桃子)夫妻に、待望の長男が生まれ、裕一と命名され…

  • スカーレット

     (最終週) 武志(伊藤健太郎)の作品が完成し、喜美子(戸田恵梨香)は喜ぶ。しかし、病気と闘う心情を初めて爆発させた武志に、そのつらさを思いやる。 信作(林遣都…

  • スカーレット

     白血病の武志(伊藤健太郎)のために検査を受けた喜美子(戸田恵梨香)と八郎(松下洸平)だが、二人とも骨髄移植のドナーになれなかった。喜美子は大崎(稲垣吾郎)から…

  • スカーレット

     1984年正月、喜美子(戸田恵梨香)の家に八郎(松下洸平)、百合子(福田麻由子)らが集い、にぎやかに過ごす。武志(伊藤健太郎)の部屋で医学書を見つけた喜美子は…

  • スカーレット

     喜美子(戸田恵梨香)は信作(林遣都)から観光客向けの陶芸教室の開催を頼まれる。武志(伊藤健太郎)は亜鉛結晶を用いた作品に挑戦。雪を降らせたような仕上がりを目指…

  • スカーレット

     商店街の福引で信作(林遣都)が温泉旅行を当てた。百合子(福田麻由子)は日ごろの感謝を示すため、大野(マギー)と陽子(財前直見)に譲ろうと話す。大野夫妻は温泉に…

  • スカーレット

     喜美子(戸田恵梨香)はアンリ(烏丸せつこ)とワインを飲んで一晩語らう。翌朝、自分が八郎(松下洸平)の名を口にして泣いたと聞かされ驚く。 照子(大島優子)が川原…

  • スカーレット

     1979年、喜美子(戸田恵梨香)は陶芸を学ぶ武志(伊藤健太郎)を、京都の美大に送り出す。数カ月後、マツ(富田靖子)が亡くなる。武志の卒業間近、八郎(松下洸平)…

  • スカーレット

     喜美子(戸田恵梨香)は、穴窯のまき代のために借金する。八郎(松下洸平)とは別居が続く。一方、百合子(福田麻由子)と信作(林遣都)は、ようやく結婚写真を撮影する…

  • スカーレット

     喜美子(戸田恵梨香)は、寄り添って眠る八郎(松下洸平)と三津(黒島結菜)の姿に動揺する。一方で、喜美子の穴窯への思いは強まっていた。直子(桜庭ななみ)と鮫島(…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3Dプリンターで防護具 大阪大チーム作製 新型コロナ対策

  2. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  3. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

  4. 新型コロナ 福岡市で1人死亡、新たに15人感染 市長「感染拡大警戒地域に移った」

  5. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです