メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東ちづるのLet’sまぜこぜ!

障害や病気、性別など、さまざまな違いをプラスにして「まぜこぜ」社会の実現を目指し活動する女優、東ちづるさんが、その思いや取り組みをつづります。

  • アート展示にドラマ

     「Get in touch」の「まぜこぜアート」プロジェクトの一つで、障害のある作家さんのアート作品をスターバックスのコーヒーショップに展示する活動は3年目を…

  • 表現することが生きること

     前回に続き、障害のある作家の作品をコーヒーチェーン「スターバックス」の店舗に飾る「MAZEKOZE ART」プロジェクトをご紹介してまいります。私が代表を務め…

  • 障害者のアート スタバで展示

     誰も排除しない「まぜこぜの社会」を目指す一般社団法人「Get in touch」の活動の一つ、「MAZEKOZE ARTプロジェクト」を数回に分けてご紹介しま…

  • 若者の率直な声が栄養に

     社会的な活動をしていると、あらゆる肩書や立場、年齢の人たちとの出会いがあります。最近は、学生さんや20代の社会人の皆さんと顔を合わせることが続きました。本業の…

  • 核廃絶、国連へのアクション

     ニューヨークの国連本部に行ってきました。「ヒバクシャ」の方々と3度目の国連での活動です。セッティングは、地球1周の旅をしながら国際交流をするピースボートです。…

  • 障害のある作家とつながる

     今回は、一般社団法人「Get in touch」を立ち上げる前のお話です。 難病患者や障害者の支援活動を進めるうちに、自閉症やダウン症、知的・精神障害の作家さ…

  • 「子ども食堂」に関心を

     いまや全国で急激に増えている「子ども食堂」。どんなイメージですか? 実は、子ども食堂には明確な運営形態の決まりはなく、場所や料理、開催頻度、有料か無料かなども…

  • 戦争起こさないための教育を

     8月6日は、全国の生徒が夏休みの登校日だと思っていました。広島では毎年、原爆投下時刻にサイレンが鳴ります。いやが応でも戦争を考えます。普段から「平和教育」とい…

  • お金がなきゃ何も変えられない

     私が「募金」や「寄付」にちゃんと目覚めたのは、1999年の6月、戦争で傷ついた子どもたちを救うNPO団体の施設「ドイツ国際平和村」を訪れた時のことです。ボラン…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです