メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

心と体の調和~ハーモニー~

日ごろの診療やNPO活動を通じて「調和」の大切さを掲げる公衆衛生専門医、伊藤明子(みつこ)さんが、医療、健康、食と栄養などについてつづります。

  • アレルギー予防は腸から=伊藤明子

     腸の健康とアレルギーが関連していることは、今年1月のNHKスペシャルで紹介されたとおり、ご存じの方もいらっしゃると思います。アレルギーの改善、予防は腸から、と…

    (2018年11月18日 04:02)

  • 腸内でも重要な多様性=伊藤明子

     腸内細菌叢(そう)と脳の関係を示す研究はここ10年で世界各地で件数が増えています。アルツハイマー型認知症の人の腸内細菌叢と、同年齢で認知症ではない人の腸内細菌…

    (2018年11月11日 04:02)

  • 腸内細菌、脳にも影響=伊藤明子

     私たちは自分の腸内の数十兆から数百兆個の細菌たちと一緒に暮らしています。この腸内細菌叢(そう)(別名腸内フローラ=腸の中のお花畑)についての研究は、菌を培養す…

    (2018年11月4日 04:02)

  • 甘いモノに中毒性=伊藤明子

     甘いモノがどうしてもほしくなってしまうことを経験された方は多いと思います。甘いモノを食べると味細胞からの情報が脳の奥にある扁桃(へんとう)体に伝わり、「快感」…

    (2018年10月28日 04:03)

  • 少ない塩分でおいしく=伊藤明子

     「味」のお話を続けます。私たち哺乳類が味を感じるのは、味蕾(みらい)にあるたくさんの味細胞に飛び出ているアンテナのようなレセプターです。甘み担当の味細胞にある…

    (2018年10月21日 04:01)

  • 味覚の情報信号=伊藤明子

     私たちが生きていくうえで味覚はとても重要です。有害なものかどうか、口に入れた瞬間に(その前に臭いをかいでいるかもしれませんが)判別したり、甘いのか、苦いのか、…

    (2018年10月14日 04:02)

  • お肌の健康=伊藤明子

     今日はお肌の健康について考えたいと思います。お肌のトラブルはいろいろで、ドライスキン、あせも、アトピー性皮膚炎、にきび、加齢性の皮脂欠乏、シミ、しわ、そしてよ…

    (2018年10月7日 04:02)

  • 活用進むリラックス法=伊藤明子

     現代人の多くがいつのまにか“闘いモード”になってしまい、余計に疲れて体調を崩しています。そのようなときには、体の状態を把握して上手にリラックスモードを体得する…

    (2018年9月30日 04:02)

  • ストレスの自己管理法=伊藤明子

     自分では緊張しているつもりはまったくないのに、カラダが勝手に緊張モード(交感神経系)になっていて、ムダに(失礼!)疲れている人が多いため、当院ではストレス管理…

    (2018年9月23日 04:49)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  2. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです