メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あした元気になあれ

小国綾子・統合デジタル取材センター記者が「元気」になれるような話題をお届けします。

  • 「全員団結」必要なし!=小国綾子

     「全員団結」。ツイッターで真っ赤な4文字のロゴを見た瞬間、違和感で体がすくんだ。 東京五輪を盛り上げようと、日本オリンピック委員会(JOC)が昨夏始めた「がん…

  • 子ども福祉委員=小国綾子

     「おばちゃんだけではもう無理。子どもらも助けてえな」。大阪府阪南市に中学生らによる「子ども福祉委員」が誕生したのは、福祉委員の女性(59)のこんな呼びかけがき…

  • 2020 私を生きる=小国綾子

     昨年の大みそか、NHK紅白歌合戦で歌う氷川きよしさんに胸が熱くなった。「男は白、女は赤」という番組のカテゴライズを赤と白のツートンカラーの着物で打ち破り、演歌…

  • フィンランド新首相に思う=小国綾子

     フィンランドで世界最年少の女性首相が誕生した。サンナ・マリーンさん、34歳。1児の母。新内閣の閣僚は女性が12人、男性7人。しかも連立政権に参加する他の4党の…

  • 「憲法を実行せよ」=小国綾子

     「憲法を実行せよ」。アフガニスタンで亡くなった医師、中村哲さん(73)が6年前、茨城県土浦市の講演で聴衆に向けて力強く放った言葉が忘れられない。憲法を「守れ」…

  • ミシュカの森で=小国綾子

     追悼の集い「ミシュカの森」に6年ぶりに参加した。2000年12月の世田谷一家殺害事件で妹家族4人を亡くした入江杏さん(62)が「悲しみと向き合い、生きる力に変…

  • 「ぼく、人魚なんだ」=小国綾子

     私は私のままでもいいの?と悩んだことのある子どもや大人に読んでほしい――人魚に憧れる男の子を描いた絵本「Julian Is a Mermaid(ジュリアンはマ…

  • アフリカの「甲子園」大会=小国綾子

     アフリカ大陸に、「甲子園」の名を冠した学生野球の全国大会が存在する国が一つだけある。それは、タンザニアだ。 仕掛け人は、元球児で国際協力機構(JICA)職員の…

  • ハイヒールもメガネも=小国綾子

     女性だけが職場でパンプス着用を強制されることに反対する「#KuToo」運動を受け、連合が行ったアンケート調査の結果には考えさせられた。靴をめぐって男女で異なる…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  3. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです