メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美食地質学入門

「美食地質学」は開講です。美食と地質って接点がまったくなさそうですが、さにあらず。実は深~い関係があるんです。

  • 第18講 岩ガキ 断層ギューッ、濃厚なうまみ

     33年前の夏、初めて食べた岩ガキのあまりのおいしさに、仰天したのを覚えている。今回は能登半島に出向き、半島の成り立ちと岩ガキの密なる関係を解き明かすことに。 …

  • 第17講 アナゴ 南の海から進化の旅路

     梅雨の水を吸っておいしくなる魚は何種類もいるが、アナゴもそうだ。姿形のよく似たウナギと同じで、はるか南方で産卵することが明らかになった。今回は、その旅路に思い…

  • 第15講 キャベツ 火山灰育ちの食感、うまみ

     今回は、「美食地質学入門」始まって以来、初の西洋料理で神鍋高原キャベツ(兵庫県豊岡市)を味わいます。キャベツから見えてくるのは、近畿の火山活動と温泉の密なる関…

  • 第14講 ワサビ ツンと香る、水の恵み

     刺し身に欠かせないワサビは、伊豆半島と日本列島の衝突のたまものだそうだ。今回も和食の名脇役に光を当てながら、日本列島の成り立ちとの関わりを探ります。 ワサビの…

  • 第13講 ワカメ 鳴門の渦潮がアメとムチ

     今が旬のワカメは、海流の速い鳴門海峡周辺で取れたものがいいそうだ。鳴門といえば渦潮。ワカメと渦潮を生むメカニズムを探ります。 連載1年を経て、ついに大引伸昭先…

  • 第12講 灘の酒 きりり骨太、六甲マジック

     この連載はほとんどの回で、料理と一緒に日本酒をいただいています。日本列島の食材を語るには、日本酒は欠かせないからです。ついに今回は灘の酒をメインに、地質との関…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ORICON NEWS 上戸彩、第2子出産後初公の場 変わらぬ美貌&スタイル披露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです