メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花谷寿人の体温計

花谷寿人論説委員によるコラムです。

  • 臨終を見つめて

     幼いころ、父親の実家に連れて行かれ、祖父の枕元に正座させられた。子供心に臨終が近いことを悟った。 半世紀以上前の記憶。当時、地方都市では自宅で亡くなる高齢者が…

    (2018年9月20日 12:31)

  • アマ精神の原点

     スポーツ界の不祥事が報道されるたびテレビに映る建物がある。 東京・渋谷の岸記念体育会館。公益財団法人「日本スポーツ協会」に加盟する競技団体が事務局を置く。あの…

    (2018年9月13日 12:20)

  • 寛次郎の秋

     ある陶芸家の没後50年にちなんだ展覧会に行った。芸術の秋というほどの知識もないが、東京都内で見かけたポスターに引かれた。 力強く色鮮やかだが、素朴だ。不思議な…

    (2018年9月6日 14:16)

  • 孤城はきっとある

     中学での居場所をなくし、家の部屋に閉じこもっていた少女、安西こころ。目の前で、ある日突然、鏡が光り始める。鏡をくぐり抜けると不思議な城にたどり着く。そこには、…

    (2018年8月30日 12:15)

  • 残留孤児の晩年

     4人のお年寄りがゴムボールを的に当てるゲームをしている。施設でよく見る光景だ。 利用者は中国語しか話せない。太平洋戦争敗戦の混乱で、子供のころに中国に残され、…

    (2018年8月23日 12:32)

  • 原爆と信仰

     坂道を上って振り返ると、長崎の街が広がる。聖フィリッポ西坂教会は、その丘の上に建つ。西坂は、豊臣秀吉によるキリシタン弾圧で日本人信徒と外国人宣教師の計26人が…

    (2018年8月16日 14:19)

  • LGBTが問う政治

     就活もいよいよ最終盤である。学生に有利な売り手市場が続く。人材の争奪戦にさらされる中、買い手の側はどんな会社だとアピールしているのか。 名だたる企業について調…

    (2018年8月9日 12:51)

  • 甲子園の先に

     この時期、夏の高校野球地方大会の結果が気になる。かつて赴任した土地ならなおさらだ。 もう30年以上前のことだが、福岡県の久留米支局で最初に担当したのは警察と高…

    (2018年8月2日 12:19)

  • 美の基準が守るもの

     <午前中に入り江の宿を出て、岬の突端に向かっている。(中略)東京から電車で二時間、九時ごろに着いた宿の表はすでに閉じていた--> 川上弘美さんの小説「真鶴」は…

    (2018年7月26日 12:25)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです