メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・食×農×福

  • 人口減少社会と食い物文化

     1920年10月に第1回の国勢調査が実施された。その結果は、総人口5596万人で現在の半数だ。なお、平均年齢は男性42.02歳、女性43.20歳で、合計特殊出…

    (2019年05月10日 09:54)

  • 見守り活動で自死予防

     厚生労働省や警察庁の自殺状況の統計(速報値)によると、2018年の自殺者は前年より723人(3.4%)少ない2万598人で9年連続減少した。自殺数が多かった0…

    (2019年04月10日 09:54)

  • 障害のある子どもたちの居場所

     放課後等デイサービス(放課後デイ)事業が2012年からスタートし、障害のある子どもたちの「学童保育」として期待されてきた。放課後デイの数は12年度には2887…

    (2019年03月08日 09:54)

  • 地域をつなぐ「フードバンク

     日本は食料自給率が低く、カロリーベースで39%と言われている。その多くを輸入に頼る一方、1788万トンもの食料を廃棄している(農林水産省調べ)。 一方では、日…

    (2019年02月08日 09:54)

  • 「買い物難民」を助ける「とくし丸」

     少子高齢社会を迎える中、住み慣れた「我が家」で暮らし続けることが困難な住民が増加し社会問題となっている。背景には、少子高齢化によることと核家族化や単身者(非婚…

    (2019年01月10日 09:54)

  • 青森県南部町 「里山主義」への挑戦

     青森県南部町は、江戸期の南部藩の発祥の地であり、南西部には標高615メートルの名久井岳を望み、馬渕川を巡る田園風景が広がる豊かな自然がある里山だ。豊かな農産物…

    (2018年12月10日 09:54)

  • 現代版の駆け込み寺

     生活保護法は1946年に制定された。今日まで法律を逐次改正して戦後の社会保障制度の根幹を成してきた。しかし、近年のグローバリズムによる社会構造の変化などによっ…

    (2018年11月09日 09:54)

  • いま、子どもの暮らしが危ない

     英国政府は、特別補助金を出して子どもの貧困対策を実施している。学校の放課後学習支援や始業前に朝食を出す「朝食クラブ」という取り組みで、英国の半数の小・中学校で…

    (2018年10月10日 09:54)

  • 道の駅発 食い物文化創造

     長野県富士見町に「道の駅蔦木宿」=写真=がある。ここの特徴は、特産物として栽培している「真っ赤なルパーブ」をテーマに取り上げていることだ。最近注目をされている…

    (2018年09月10日 09:54)

  • 富山発「共に生きる介護」

     2017年4月に制定されたいわゆる「地域包括ケアシステム強化法」は、介護保険法や老人福祉法、医療法、児童福祉法、高齢者虐待防止法など関係する約30本の法律を束…

    (2018年08月10日 09:54)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  2. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  3. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  4. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
  5. 米大統領杯は137センチ、30キロ トランプ氏から朝乃山へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです