メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

洛・楽・らフォト

  • /21 いつの世も不変の美 /京都

     京都は今どこも桜色に包まれている。府外で暮らしていた頃、お花見に行くのは大抵1カ所だった。ここは名所ばかりだから、どこにするか迷うのもワクワクする。3月末から…

    (2019年04月11日 16:39)

  • /20 お寺で「いただきます」 /京都

     「いただきます」。計約90人の子どもたちや保護者が、ジャージー姿の僧侶の合図で手を合わせ、声をそろえた。浄土真宗本願寺派の本山・西本願寺(京都市下京区)の北側…

    (2019年03月28日 16:05)

  • /19 ママ、離れても大好きだよ /京都

     真宗大谷派の本山・東本願寺(京都市下京区)で、境内の除草を担当してきた雌ヤギのナンシー(1歳3カ月)とルーシー(1歳2カ月)が2月下旬、相次ぎ出産した。雄雌計…

    (2019年03月14日 14:50)

  • 番外編 春感じながら完走 京都マラソンに記者参加 /京都

     約1万6000人が走った今月17日の京都マラソン。私も初のフルマラソンに挑戦し、制限時間(6時間)ギリギリの5時間50分16秒でなんとか完走した。送り火の五山…

    (2019年02月28日 15:42)

  • /18 不思議空間、あなた色に /京都

     「What is your freedom?(あなたの自由とは?)」--白一色の店内にいると、そんな問い掛けをされそうな不思議なカフェが京都市下京区栄町の住宅…

    (2019年02月14日 15:44)

  • /17 邪気払う湯のしぶき /京都

     たすき掛けの巫女(みこ)が大釜の湯に浸したササの束を勢いよく振ると、飛び散ったしぶきが冷気で湯気になり立ち上った。京都市伏見区の城南宮で20日に奉納された「湯…

    (2019年01月24日 16:23)

  • /16 心温まる、新年の光 /京都

     田畑の多く残る牧歌的な風景を眼下にしながら、京都市中心部を一望できる場所が大覚寺(京都市右京区)の北西にある。現在の同寺に離宮を建立し、嵯峨の地名の由来になっ…

    (2019年01月10日 14:33)

  • /15 まばゆい成長、包む光 /京都

     光に包まれた夜の公園。ジャングルジムの一番上までよじ登った子どもたちの得意そうな笑顔が、イルミネーションにひと際映えた。 京都市右京区のローム本社周辺で25日…

    (2018年12月20日 13:40)

  • /14 秋色、目に焼き付けて /京都

     初めて暮らす京都の紅葉を堪能しようと、見ごろを迎えた11月下旬に各地を歩いた。 京都市北区の「しょうざんリゾート京都」の庭園では、1本の北山杉から何本も伐採で…

    (2018年12月06日 15:02)

  • /13 コサギ、鴨川で羽休め /京都

     次第に見ごろとなってきた木々の紅葉を背景に、越冬のため南下するコサギの群れが京都市・鴨川の川面に映える季節となった。合流点のデルタ付近の高野川では11日朝、約…

    (2018年11月15日 14:42)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走 87歳男性、痛めた足で運転か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです